Home > ゲーム > 【艦これ】2016夏イベントへ向けての備蓄を考えてみた

【艦これ】2016夏イベントへ向けての備蓄を考えてみた


先日、艦これ公式Twitterにて夏イベントの告知がありました。
8月スタート、例年より作戦規模は控えめになるということです。

具体的な開始日時と期間はまだわかりませんが、開始は8月上旬くらい、期間は3週間くらいではないかと思っています。
控えめということなので春イベントほどの長期間にはならないと思います。

そして、そろそろ気になってくるのがそのイベントに向けての準備です。
艦隊の練度もさることながら、なんといっても1番気になるのは資材の備蓄量でしょうか。

特に初イベントとなるとどれくらい用意しておけばいいのか、用意する必要があるのかすらわからない提督もおられるかもしれません。
私もすでに2回イベントをやっていますが、今ひとつ目安となる備蓄量が見えて来ません。

もちろん、ザックリと『イベント』と言っても難易度や艦隊の練度、掘りまで含めると提督によって使用量はバラバラになると思います。
ALL甲で攻略を目指すような提督には今さらな話かも知れませんが、あらためてどれくらい用意しておくか考えてみました。



海域攻略に使う資材量

攻略難易度は今回もALLで行く予定ですので以下はすべてそれが前提です。
報酬を見て変更するかもしれませんが、今回も新規艦娘はどの難易度でももらえると思うので丙で良いかなと思っています。

海域は早めにクリアして掘りに時間を使いたいと思っています。
もしやっても1~2つ乙になるくらいで、甲はやらないと思います。


例年よりも控えめということなので、去年の7海域より少ない6以下になるかと思います。
根拠はありませんが、予想では5海域くらいかと思っています。

2016春イベント基準で考えてみましたが、最も資材を使ったのがE-6、E-7でした。


  • E-1:2,300 / 2,500 / 400 /3
  • E-2:2,900 / 3,700 / 350 / 14
  • E-3:1,100 / 1,600 / 50 / 4
  • E-4:3,300 / 4,700 / 2,800 /5
  • E-5:5,100 / 6,900 / 2,000 / 21
  • E-6:9,800 / 9,800 / 5,500 / 31
  • E-7:9,200 / 9,200 / 5,200 / 7
  • ※燃料/弾薬/ボーキサイト/バケツ


    海域攻略は各資材合計で燃料:約34,000、弾薬:約38,500、ボーキ:約16,300、バケツ:約85個。
    修理資材等は含まれていないので実際は鋼材を含めてもう少し多くなると思います。

    事前の予想では1海域につき燃料・弾薬を約1万、ボーキはその半分で約5,000を想定していました。
    後半の海域では概ねそのような感じでしたが、前半を考えるともう少し少なくても良さそうです。

    1海域につき燃料・弾薬:5~7,000、ボーキはその半分くらいが最低ラインになるかなと思います。
    夏イベントを6海域と想定すれば、燃料・弾薬:30,000、ボーキ:15,000くらいでしょうか。

    バケツは春イベント攻略ではE-1~E-7合計で約85個でしたので、多少余裕を見て100個くらいが目安になるかと思います。

    もちろん、艦隊の練度次第では攻略に苦戦して使用資材がドンドン増えていってしまうと思います。
    E-6は少し再挑戦が多めでしたが、全海域でわりと順調に攻略出来ての数字です。

    イベント期間中も遠征や任務などで資材が増える分も入れて、1海域につき燃料・弾薬:8~9,000、ボーキ:3~4,000、バケツは多めに30個くらいあればわりと余裕があるかなと思います。



    掘りに使う資材量

    海域攻略以上に使用量が見えないのが『掘り』です。
    各提督によって欲しい艦娘も違うでしょうし、数回で出ることもあれば100回以上周回することになる場合もあります。

    私の場合、春イベントではE-1~E-4まで掘りをしましたが、E-3で最終的に450周くらいしました。
    E-3は輸送連合での周回でしたので、ここだけで燃料:約63,000、弾薬:約82,000ほど使ったことになります。

    事前にそんな量の資材を貯めていなかったので毎日の遠征や任務、自然回復で追加した分もあります。
    冬イベントでも輸送連合での掘りをするところがあったので、夏イベントでも出てくる可能性があります。

    これを想定するとかなり資材量が跳ね上がってしまいますが、掘る可能性を考えるならとりあえず100~150周分くらいは確保したいところです。
    150周するとして燃料:約20,000、弾薬:約27,000、ボーキはさほどいらないかと思います。

    E-2 Fマス掘りの軽巡1、雷巡2、駆逐2、軽空母1編成であれば、1周で燃料・弾薬:約100~120、ボーキ約50~60くらいでしょうか。
    E-4の空母機動部隊での掘りは、基地航空隊も入れて1周で燃料:約400、弾薬:約560、ボーキ約400とかなりの資材がかかりました。

    幸い、E-4は18周ほどで済みましたが、50周、100周ともなると相当な資材が必要になります。

    掘りもアレコレやりたいのであれば、連合艦隊で2海域、通常艦隊で2~3海域を各100周分くらいは用意するべきかなと思います。
    ただ、前回のE-3のようなものまで想定すると上限はかなり高くなりますが・・・。

    とはいえ、イベント開始時の備蓄量、燃料・弾薬:約7万、ボーキ:約5万でも上記以外にE-1での水上打撃部隊での掘りも出来ましたし、イベント期間中に貯まる資材もかなりの量になると思いますので思った以上に掘りは出来ると思います。



    夏イベントに向けての備蓄量は?

    結局、海域攻略と掘りを合わせてどれくらい用意しておけば良いのかというところですが・・・。
    例年より作戦規模が控えめになるということなので多少余裕を見て、7海域あった春イベントと同程度の燃料・弾薬:約7万、ボーキ:約5万くらいを目安にしようかと思います。

    バケツに関しては、貯めたわりに使わなかったので現時点ですでに1,800個近くあるのでこちらは特に心配していません。
    貯めるのであれば、200~300個くらいあれば良いかなと思います。

    イベント中にも遠征や任務をやって資材やバケツを補充することが前提ですが、とりあえずこれくらいかなと思います。
    春イベントもこのくらいで、最後に大鳳レシピを2回まわせるくらいの残りはありました。

    ただ、E-4での掘りがかなり短く終わったのが大きいところであるのと、E-7の掘りを諦めたのもあります。
    諦めた分はE-3へ使ったわけですが、E-4を考えると結果的に十分ではあったもののもう少しあった方が良かったかなという気もします。

    可能であれば、燃料・弾薬:約10万、ボーキ:約7万くらいまでいければ掘りも含めてやりたいことは十分出来ると思います。

    海域攻略のみであれば自然回復域でも良いくらいかもしれませんが、掘りも含めると相当な資材が必要になると思います。
    始めて日の浅い提督にはなかなか厳しい資材量かと思いますが、海域攻略だけなら思ったよりも資材は使いません。

    おそらく海域突破報酬の新艦娘は何人かいると思うので途中の1人を目標としてやればかなり少ない資材量で済むと思います。
    あるいは、攻略はE-1、E-2あたりの初期海域までにして、その間の掘りで未所持の艦娘を狙うなどというのも有りでしょう。

    自然回復で燃料・弾薬が1日に1,440増えるのも見逃せません。
    2日あれば初期の1海域分くらい賄えそうな量です。

    イベントまでに練度も上げておきたいというのもあるでしょうし、各提督でプレイ出来る時間も違うと思いますので、とにかく事前にしっかりと計画を立てて進めることが大事です。
    特に大型建造をやったりする場合は、ホントにやっても大丈夫かどうか今一度考えてみましょう。

    コメント:0

    コメントフォーム
    入力情報を記憶させますか?

    ※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    トラックバック:0

    このエントリーのトラックバックURL
    http://kimagureman.net/archives/27682/trackback
    Listed below are links to weblogs that reference
    【艦これ】2016夏イベントへ向けての備蓄を考えてみた from Kimagureman! Studio ~趣味全開! 気まぐれ更新日記~

    Home > ゲーム > 【艦これ】2016夏イベントへ向けての備蓄を考えてみた

    ショップ Links
    伊賀屋人形店
    リンク
    Blog Parts
    にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
    にほんブログ村 ゲームブログ TERAへ
    霜月はるかのFrostMoonCafe+
    霜月はるかのFrostMoonCafe+
    わぷー
    ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
    ブログを見に来てくれた人たち
    フィード

    Return to page top

    back to top