Home > レビュー > 『ミツトヨ 530シリーズ M型標準ノギス』を買ってみた

『ミツトヨ 530シリーズ M型標準ノギス』を買ってみた

IMG_3324s.jpg


普段、それほど使用頻度は高くありませんが、サイズを測るのに便利なノギスを使っています。
仕事用途では無くあくまで趣味用途での使用ですが、近くに1つあると便利だったりします。

今使っているのは確か学生時代に購入したシンワ測定のもので、アナログ時計のようなダイヤルが付いたものでした。
当時はダイヤルが使いやすそうと思って買ったのですが、これが結構頻繁にズレてくる上にダイヤルの風防に傷がついてしまい読みにくくなってしまいました。

それほど使わないのでまぁいいかと思っていたのですが、最近使ったときに数値の見づらさが気になったので新しいものを買おうと思いました。
どうせ買うならデジタル式の良いやつにしようと思ったのですが、意外と値段が高かったのでどうしようか悩んだ末に初心に返ってシンプルなメモリのみのノギスにすることにしました。

買ったのは程よく150mmまで計測できるN15 530-101です。

デジタルの方が直接数値が読めるので見やすいですが、なんとなく昔からあるシンプルなノギスの方がプロっぽぃ気がしたのでこちらにしました。
まぁ、実際にプロっぽぃかは別として、シンプルなノギスの方が価格も安価で信頼性や耐久性も高いのでにこちらにしようと思いました。

こういう測定器具はわりとシンワ測定のものを使うのですが、今回はちょっと背伸びをしてミツトヨのノギスにしてみました。


IMG_3320s.jpg

ネットで見たときにはブリスター入りだったのですが、届いたモノは箱に入っていました。
どちらでも良いですが、箱入りの方がプロ用という感じがして良いですね。

デザインもシンプルでホームセンターレベルのものとは違う感じが漂ってきます。


IMG_3322s.jpg

ケースはビニール製で本体を見る前にちょっとガッカリな感じです。
それと、少々わかりづらい説明書と説明書の一角に保証書が付いています。

あくまで本体のノギスが全てで、あとはおまけ程度という感じなのかも知れません。


IMG_3324s.jpg

ケースの中には透明な袋に入ったノギスがありました。
防錆用(?)の油が付いていてメモリがまだら模様になっていましたが、拭けば綺麗になります。


いざ本体のノギスを見てみると、ウットリするような美しさがあります。
メモリの数字も驚くほど綺麗で読みやすいです。

実物を見るまでは、安価なものよりちょっと綺麗に見えるくらいだろうと思っていたのですが、さすがミツトヨという感じです。
冗談抜きに飾っておきたいくらいの美しさです。

正直なところ、同じ値段を出せばシンワのデジタルノギスが買えてしまうので悩んだのですが、おそらくそちらを買っていたらこの感動は味わえなかったと思います。

早速、近くにあるテキトーなものを測ってみましたが、スライドのがたつきなど微塵もなく、副尺と主尺の目盛りが一致するところも判読しやすいです。
初めてノギスを使ったときに上手く読めなくて苦労したことを思い出しました。

ただ、残念なのは同梱のケースのチープさです。
昔ならこれくらいのレベルのものなら立派な革製ケースとか付いていそうな気がするんですけどねぇ・・・。

おそらく使っているとすぐに口のところから切れてしまいそうです。
むき出しで保管するのはまずいので早めに代替のケースを探そうと思います。

そんな、本体と関係ない不満はありましたが、買って良かったと思いました。
使うのがもったいないくらいですが、今後はこれをメインにニヤニヤしながら測ろうと思います。

コメント:0

コメントフォーム
入力情報を記憶させますか?

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://kimagureman.net/archives/27610/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
『ミツトヨ 530シリーズ M型標準ノギス』を買ってみた from Kimagureman! Studio ~趣味全開! 気まぐれ更新日記~

Home > レビュー > 『ミツトヨ 530シリーズ M型標準ノギス』を買ってみた

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ
にほんブログ村 ゲームブログ TERAへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top

back to top