Home > 雑想 > 部屋の蛍光灯を日立からPanasonicへ取り替えてみた

部屋の蛍光灯を日立からPanasonicへ取り替えてみた

  • 2015-11-19 (木) 2:07
  • 雑想
  • このエントリをはてなブックマークに登録

IMG_2607s.jpg


ここのところ、どうも部屋の蛍光灯が暗くなってきたような気がしていました。
今さら蛍光灯?と思われるかも知れませんが、自宅ではまだ蛍光灯が現役です。

トイレなどはいまだに白熱球ですし、LED化はまだまだ先になりそうです。
LEDは部屋の照明ではなく懐中電灯で使っています。

そんな蛍光灯ですが、自室の照明はPanasonicのシーリングライトを使っています。
FHD管という普通の環状蛍光灯よりも細い蛍光灯なのですが、二重になっていてちょっと大きめの100形です。

以前は一回り小さい物を使っていたのですが、少し暗く感じたので大きい物にしました。
そして、肝心の蛍光灯は色味の綺麗さからPanasonicではなく日立のものを使っていました。

値段的にもPanasonic製のものより安かったので良かったのですが、とにかく扱っている店が少なくて困りました。
ストックしておいたものも去年使ってしまったので今回改めて買わなければいけません。

早速以前買ったお店を覗いてみると・・・。
確か、1,500円くらいだったものが2,100円に値上がりしていました。

もう少し買っておけば良かったと思いました。
仕方ないのでPanasonicのものを探してみると、意外なことにAmazonで安く売っていました。

以前は3,000円くらいしたように思うのですが、2,000円でした。
もちろん送料無料なので2,000円のままです。

届いてみると相変わらずデカい箱で届きました。
すぐに交換してみたのですが、思い出してみると日立の蛍光灯はもっと白かったような気がします。

同じ昼白色なのですが、微妙に色温度が違うのです。
ガッツリ写真もやらなくなったのでまぁ良いか、ということでだいぶ明るくなったのは良かったです。

ついでにPCデスクにあるデスクライトも一緒に交換しておきました。
こちらはわざわざ探して買った20W直管蛍光灯です。

三菱オスラムの退色防止形の色評価用を付けています。
こちらも交換すると思ったよりも明るく感じました。

毎日使っているとだんだん暗くなっていることに気づきにくいですね。
直管の蛍光灯もストックが無くなったのでまた買っておかないといけません。

ただ、どちらもストックが無くなったので次はLEDにしても良いかなと思ったりします。
ですが、長寿命とはいえ果たして2年3年と経って色味が変わらないのか不安です。

取り替えようと思っても今度は器具ごと交換になってしまいます。
LED化は良いですが、ホントに蛍光灯よりもコストダウンになるのかイマイチ信じられません。

とりあえず、来年の今頃にまた蛍光灯を交換することになると思います。
まだ使えるから1年で交換はもったいなかなと思いつつも、毎日使う物ですし新しい光は気持ちいいものですので定期的に交換したいところですね。



B000WMKGRSPanasonic ツインパルック プレミア 蛍光灯 100形 丸形 ナチュラル色 FHD100ENWHパナソニック(Panasonic) 2007-10-01

by G-Tools

コメント:0

コメントフォーム
入力情報を記憶させますか?

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://kimagureman.net/archives/26025/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
部屋の蛍光灯を日立からPanasonicへ取り替えてみた from Kimagureman! Studio ~趣味全開! 気まぐれ更新日記~

Home > 雑想 > 部屋の蛍光灯を日立からPanasonicへ取り替えてみた

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ
にほんブログ村 コレクションブログへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top

back to top