Home > レビュー > 【レビュー】電子工作で使う小さい部品の確認のために拡大鏡を買ってみた

【レビュー】電子工作で使う小さい部品の確認のために拡大鏡を買ってみた

IMG_2582s.jpg


ブレッドボードなどで簡単な回路を作ったりしてチマチマ遊んでいる電子工作ですが、小さい部品の確認に難儀するようになりました。
元々メガネ必須で視力があまり良くなかったのですが、ここのところ小さい部品の品番確認などで見えにくいことが多々ありました。

メガネが合わなくなってきたのかなとも思ったのですが、メガネも買うと結構高いのであまり買い換えたくありません。
普段の生活に支障も無いのでどうしようかと思っていたところ、拡大鏡というのものを忘れていました。

以前にメガネタイプのものを買ったりしました。
確かに見やすいのですが、ちょろっと確認するのに出すのは面倒です。

そこで、机の片隅にでも置いておいてサッと取ってすぐに確認出来るような虫眼鏡タイプのものを1つ買ってみようと思いました。
早速、Amazonで探してみましたが、思ったよりも高くなく、1,000円以下で買えるようなので1つ注文してみました。

『クツワ STAD 拡大鏡 MG265 レンズ径65mm』というガラスレンズを使った拡大鏡で、値段も635円ほどでした。
レンズの大きさがいくつかあったのですが、大きすぎずどちらかというと小型な感じの65mmを選びました。


IMG_2587s.jpg

肉眼で見るよりもだいぶ見やすくなりました。

届いて品物を見てから気づいたのですが、昔、家にあった拡大鏡と同じような感じでした。
シンプルで飽きが来ない良いデザインです。

ガラスレンズのため、見た目よりもズッシリ感はありますが、フレームも真鍮製で値段を感じさせない高級感があります。
今回購入した65mmは倍率が2.3倍なのですが、50mmだと2.7倍になるのでそちらでも良かったかなという気はします。

新聞や地図、本などを見るにはもっと直径が大きい方が使いやすいと思いますが、1cm以下の小さい電子部品の確認には十分な大きさです。
ちょっと残念なところは柄の長さが短いのであと2~3cmくらい欲しいところとケースが付属しないというところでしょうか。

ガラスなのでむき出しのままそのへんに置いておくのは躊躇われます。
何か良いケースはないかと探してみたところ、以前使っていたiPhone5用の革ケースがちょうど良い大きさでした。


IMG_2584s.jpg

少し柄の部分が出っ張りますが、まるであつらえたかのようにピッタリです。
フレームの厚みがiPhone5よりも厚いのでバンパーなど付けても入るくらいの余裕あるケースでないとキツいかもしれません。

他にも探してみるとLEDが付いていたり、高倍率のルーペなどもわりと安価に買えたりするのでまた機会があったら違う物も揃えてみようかなと思いました。
今のところ、電子工作での細かい作業をするときくらいしか使いませんが、趣味の道具は必要以上にあっても困りません。

また1つニヤニヤ出来る道具が増えた感じです。



B000IGQHTEクツワ STAD 拡大鏡 MG265 レンズ径65mmクツワ

by G-Tools

コメント:0

コメントフォーム
入力情報を記憶させますか?

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://kimagureman.net/archives/26004/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
【レビュー】電子工作で使う小さい部品の確認のために拡大鏡を買ってみた from Kimagureman! Studio ~趣味全開! 気まぐれ更新日記~

Home > レビュー > 【レビュー】電子工作で使う小さい部品の確認のために拡大鏡を買ってみた

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ
にほんブログ村 コレクションブログへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top

back to top