Home > パソコン > 太陽誘電が光ディスク事業撤退

太陽誘電が光ディスク事業撤退

最近使う光ディスクというとBDレコーダーで使うBD-Rくらいになりました。
CD-RやDVD-Rもそこそこ買い置きがあるのですが、全く使わないので処分しようかと考えていました。

そんな中、CD-RやDVD-Rでお馴染みの太陽誘電が光ディスク事業からの撤退を発表しました。

 link >>  太陽誘電が光ディスク事業撤退。「想像を超える市場縮小」 – AV Watch


太陽誘電というとCD-R全盛時代にはトップブランドとして少々値段が高いにもかかわらずお世話になりました。
私の中では三井化学と太陽誘電がトップ2で、その後に三菱、マクセルあたりが来るという感じでした。

BD-Rメインになってからはディスクが良くなったからかどうかわかりませんが、書き込みの失敗というのはほとんど無くなりました。
ですが、CD-Rをメインで使っていた頃はとにかく失敗が多くてずいぶんディスクを無駄にしたものです。

書き込み時もPCでの作業をせずじっと見守りつつやっていたりしたのが懐かしい記憶です。


光ディスクの用途は主に2つで、音楽や映像コンテンツの記録とデータのバックアップで使っていました。
ところが、音楽はNASで管理するようになり、データのバックアップもHDDの大容量化で光ディスクでは補いきれなくなってきました。

唯一、BDレコーダーの映像保存にBD-Rを使う用途だけが残っています。

おそらく世間一般でも光ディスクを使用する人は少なくなっていると思われます。
需要が無ければ供給しても仕方ないので事業撤退は当然の方向ですね。

ただ、光ディスク全盛期を知っている身としては太陽誘電ブランドが消えるのは残念です。
もちろん、CD-RやDVD-Rなどの光ディスク自体が無くなるわけでは無いと思いますが、価格が上がったり良質なディスクの入手が困難になったりということはあるかもしれません。

もしかすると今後はレコーダーもドライブ無しのものが主流になるかもしれませんね。
そうなると録画番組を残しておく手段が難しくなりそうですが、残すといってもBD-Rに記録したところでもう1回見るかどうかでほとんどほったらかしなんですけどねぇ。


世界初のCD-Rを開発した太陽誘電が光ディスク事業から撤退することによって今後ますます光ディスクを利用する機会が減っていきそうな気がします。
初めて光ディスクを見た時はそれまでのテープメディアとは全く違う近未来を感じさせる見た目に感動したりしました。

あれからずいぶん経ちましたが、その光ディスクもかつてあった様々な記録メディア同様に姿を消していくのかと思うと少々寂しいですね。

コメント:0

コメントフォーム
入力情報を記憶させますか?

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://kimagureman.net/archives/25194/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
太陽誘電が光ディスク事業撤退 from Kimagureman! Studio ~趣味全開! 気まぐれ更新日記~

Home > パソコン > 太陽誘電が光ディスク事業撤退

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ
にほんブログ村 コレクションブログへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top

back to top