Home > 雑想 > 電車とねこ耳少女の不思議な世界「てるみな 1巻 東京猫耳巡礼記」を読んでみた

電車とねこ耳少女の不思議な世界「てるみな 1巻 東京猫耳巡礼記」を読んでみた

IMG_1645s.jpg

久々に風邪をこじらせてしまったらしく、ここ数日寝込んでいました。
ちょっと咳が出るなぁ、ちょっと喉が痛いなぁ、と思っていたらあれよあれよという間にです。

だいたい毎年1回はちょっと重めの風邪になることがありますが、以前より回復が遅くなったような気がするのは歳をとった証拠かもしれません。
風邪といっても熱はさほど出なかったのでベッドの上ではわりと元気でした。

基本寝ていましたが、そうそうずっと眠れるわけでもないので暇をもてあまし気味でした。
そこで、こんな時こそ寝ながらでも読みやすい電子書籍で何か読んでいようと思い、Amazonで面白そうな本を探してみました。

最近お気に入りの漫画は年末~年始にかけて新刊が出てしまっているのでまだ続刊はありませんでした。
読んだことが無くて何か面白いものはないかと思っていたところ、よく見るブロガーさんのブログで漫画の紹介がありました。

それが、『てるみな』でした。

ねこ耳少女が電車の旅をするという漫画らしいのですが、絵柄が可愛いのでまぁ読んでみようかなと思いポチッてみました。
読み始めていきなりねこ耳が生えてきたという話が出てきて以降、単なるねこ耳少女の旅漫画になっています。

所々に入っているねこ耳ネタがまた地味に効いてきてなかなか面白いです。

ただ、普通の電車漫画ではなく世界観が摩訶不思議な空想世界になっているのが特徴です。
会話の類がほとんどなく、ねこ耳少女の旅する様子とこの世界観を眺めるのが楽しい漫画ですね。

絵はかなり気合いが入っていて千と千尋の神隠しとかりんたろうのメトロポリスといったものを思い起こさせます。
九龍城とかああいった雰囲気が好きな人にはかなり面白い世界観だと思います。


IMG_1646s.jpg

1話完結でサラッと読めてしまいますが、繰り返し絵をじっくり見ながら読むと二度三度楽しめます。
名前は少し異なりますが、現実にある路線ぽぃ電車が出てきますので馴染みの電車があったりするとまたさらに楽しめそうですね。

オチが少々わかりにくい話しもありましたが、基本はこの世界観を楽しむ漫画かなと思います。
後からジワジワ来る漫画ですね。

すでに2巻も出ていますが、残念ながらまだKindleで出ていないのでKindleで出たら速攻ポチリたいところです。
コミックの値段がちょっと高いなぁと思いますが、好きな人は結構ハマりそうな漫画です。



B00OQ3FK2Kてるみな 楽園kashmir
白泉社 2013-03-29

by G-Tools

コメント:0

コメントフォーム
入力情報を記憶させますか?

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://kimagureman.net/archives/24417/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
電車とねこ耳少女の不思議な世界「てるみな 1巻 東京猫耳巡礼記」を読んでみた from Kimagureman! Studio ~趣味全開! 気まぐれ更新日記~

Home > 雑想 > 電車とねこ耳少女の不思議な世界「てるみな 1巻 東京猫耳巡礼記」を読んでみた

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ
にほんブログ村 コレクションブログへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top

back to top