Home > アニメ、漫画 > イタズラで女の子にされてしまう「ボクガール」を読んでみた

イタズラで女の子にされてしまう「ボクガール」を読んでみた

IMG_0984s.jpg

毎日のように用も無いのに覗いているAmazonでオススメされた漫画を読んでみました。
Amazonの中の人はスゴいと思わせる面白い漫画でした。

『ボクガール』というTSモノの漫画です。

 link >>  ボクガール – Wikipedia
 link >>  TSF – Wikipedia


TSFというのは異性への性転換を扱うフィクションのジャンルにおける略称で、らんま1/2が有名ですね。
個人的に結構好きなジャンルの1つですが、こう書くとえろい漫画かと思うかもしれませんが実際にいわゆるえろいシーンはあまり出てきません。

いちおうヤングジャンプ連載の漫画なので全年齢対象なのでしょうか。
内容は、主人公がとあることで女の子になってしまってアレやコレやというよくある話しです。

ただ、内容がなかなかハイレベルな感じでした。

絵柄は多少好みが分かれそうな感じはありますが、私はかなり好きな絵ですね。
綺麗で見やすく女の子のやわらかい感じの表現が上手く、それでいて明るさいっぱいでトゲトゲしさが無く可愛らしいデフォルメ絵もあったりします。

特に目の表現が素晴らしく、ドキッとするような魅力があります。
唇のプルンとした感じは新谷かおる氏の漫画を思い出しましたが、これがまたセクシーです。


男の娘モノのような感じで話が始まりますが、途中で完全に女体化します。
この漫画の魅力はなんといっても主人公瑞樹の男なのに女の子のコロコロ変わる表情を見てwktkするところでしょうか。

とにかく喜怒哀楽の表現が上手く、いわゆるえろいシーンが無いのに妄想をかき立てられてハァハァ出来ます。
もちろん、定番の入浴シーンはありますし、マニアックなトイレシーンでの恥ずかしがり方などもヤバイです。

他にもアレやコレやと色々あって飽きさせません。
露骨なポロリシーンは無いのですが、ひかえめで見えそで見えないところが妙に新鮮で興奮してしまいます。


IMG_0986s.jpg

物語の進み方もテンポが良くてトントンと読めるうえに良い感じで危機一髪的なシーンが挟まっているところなど話の組み立て方が絶妙ですね。

1巻をあっという間に完読して、さきほど2巻も購入してしまいました。
コミック版は3巻まで出ていますが、Kindle版はまだ2巻までしか出ておらず、3巻は12月19日配信予定になっています。

Kindleで読みたいのですが、待ちきれずにコミックを買ってしまいそうです。

まだ2巻の最初のところまでしか読んでいませんが、1巻では重要な役割を果たしつつもちょい役でしか出ていなかったロキが2巻では冒頭から本格的に出てきて話がますます盛り上がります。
このロキが見た目は女なのに一人称が俺だったりして一部のマニアにはタマリマセン。

男が妄想する女の子がとても上手く表現されていて非リアルな話なのに妙に生々しく感じるちょっとえろい漫画です。



B00N78V8OYボクガール 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)杉戸アキラ
集英社 2014-05-19

by G-Tools

コメント:0

コメントフォーム
入力情報を記憶させますか?

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://kimagureman.net/archives/23879/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
イタズラで女の子にされてしまう「ボクガール」を読んでみた from Kimagureman! Studio ~趣味全開! 気まぐれ更新日記~

Home > アニメ、漫画 > イタズラで女の子にされてしまう「ボクガール」を読んでみた

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ
にほんブログ村 コレクションブログへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top

back to top