Home > アニメ、漫画 > 「アカメが斬る!」既刊全10巻を勢いよく完読してみた

「アカメが斬る!」既刊全10巻を勢いよく完読してみた

IMG_0106s.jpg

今期アニメで『さばげぶっ!』と『アカメが斬る!』の2本は特にお気に入りの作品です。
それぞれ原作の漫画があるので、まずは『さばげぶっ!』から既刊全7巻を読んでみましたがかなりハマりました。

そして、先日のコミケの待機列で待ち時間を潰すために『アカメが斬る!』を3巻までKindle Paperwhiteに入れて持っていき読んでいたのですが、こちらもかなりハマりました。
その後、4巻、5巻と少しずつ楽しみにしながら読み進めていったのですが、休みの日に我慢できずに残り全部を大人買いして全部読んでしまいました。

感想としては・・・話が進むほどに面白いです。
第2、第3の勢力なども出てきたり、テンポ良く話が進むので先が気になって仕方アリマセン。

詳しい感想を書いてしまうとこれから読む楽しみが無くなってしまいますが、個人的にはチェルシーとDr.スタイリッシュの耳が好きだったりします。
チェルシーはともかく、耳は超脇役ですが・・・。

この漫画、とにかく死にます。
敵味方関係無く死にまくります。

そして、結構えぐい死に方をしたりするので、そういうのが嫌いな方はちょっと受け付けないかもしれないですね。
私も進撃の巨人のようなあからさまに食われたりするのは嫌いなのですが、コレ系は好きとまではいきませんがそこそこ平気です。

そんな中、好きなキャラだったチェルシーは直前にフラグが立ちまくりでヤバイ雰囲気満載でした。
読んでいて先がなんとなく分かるのは辛いです。

この作者ホントに容赦ないなぁと思いつつもそれがこの漫画の魅力だったりしますが・・・。

登場人物がドンドン死んでいくのを見ると、いつもVガンダムを思い出します。
あのアニメは確か最後までにほとんどの登場人物がいなくなってしまったと記憶しています。

でも戦争やってんだよなぁという実感を感じましたし、私の中ではV、X、Gのガンダムはファーストに次ぐ傑作だと思っています。
そんな感じで見ていると、多少残酷な気もしなくもないですが、戦いとは残酷で『死』とはやっぱりこういうものなのかな・・・とも思ったりします。


作画は1巻の最初の頃はイマイチ魅力を感じなかったのですが、2~3巻あたりからとても迫力があるのに読みやすい絵になってきて特に女性キャラなどかなり魅力的に描かれています。
それがああなったりこうなったりしてしまうギャップがまたすごいのですが・・・。

個人的にかなり満点に近いヒットなのですが、唯一の不満点がレオーネ姐さんの活躍がもう少し欲しいなというところでしょうか。
どうもやられ役になってきているような感じがして残念です。

そのへんは今後の展開に期待です。


ちょっとグロいところもありますが、話は分かりやすくテンポよく進んでそれでいて帝具使い同士の戦いがかなり熱くて面白いです。
やはりこういう特殊能力同士の戦いは面白いですね。

続きが超絶気になります。

ちなみにこの漫画はネタバレを読んでしまうと結構面白みが減ってしまうと思います。
wikipediaとAmazonのレビューには結構ネタバレがあるので読んでみようかなと思う方はそれらを見ないことをオススメします。

コメント:0

コメントフォーム
入力情報を記憶させますか?

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://kimagureman.net/archives/23675/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
「アカメが斬る!」既刊全10巻を勢いよく完読してみた from Kimagureman! Studio ~趣味全開! 気まぐれ更新日記~

Home > アニメ、漫画 > 「アカメが斬る!」既刊全10巻を勢いよく完読してみた

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ
にほんブログ村 コレクションブログへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top

back to top