Home > 雑想 > カルビー フルーツグラノーラを食べてみた

カルビー フルーツグラノーラを食べてみた

  • 2014-06-11 (水) 21:59
  • 雑想
  • このエントリをはてなブックマークに登録

2M4C7148s.jpg

以前からちょっと興味があって食べてみたいと思っていたカルビーのフルーツグラノーラを食べてみました。

 link >>  フルグラ | カルビーのシリアル | カルビー株式会社


普段、シリアル類はほとんど食べませんが、スーパーの売り場にはたまに行ったりします。
こういうお皿に盛って食べるものではなく、コミケなどのイベントによく持っていくスティックや板状のシリアルはわりと食べたりします。

皿に盛るようなシリアルもたまには食べてみようかなと思ったりもするのですが、意外と値段が高いのでそのたびに躊躇してしまいます。
そんな中、少し前にカルビーがフルグラの生産工場を増設するとの記事を読みました。

そして、そこまでするくらいならさぞ美味しいのだろうと思って食べてみることにしました。

 link >>  カルビーが人気の「フルグラ」を“第2の柱”に指名 ライン増設、今期150億円販売へ – MSN産経ニュース


売れているのか入荷が少ないのかわかりませんが、近所のスーパーでは陳列数が少なめでした。
大容量の800gというのもあったのですが、まずは試しに380gのものを買ってみました。

380gで398円(税抜き)でした。


早速食べてみたのですが・・・。
思ったよりも美味しかったです。

今回は、お皿に半分弱くらい盛って牛乳をかけて食べてみました。
穀物類の歯ごたえが結構あり、意外とモグモグ噛んで食べるので満腹感があります。

『フルーツグラノーラ』と名称に『フルーツ』が入っている割にはちょっとフルーツは少ないかなという気もしますが細かいフルーツのフルーティ感はほど良い感じです。
結構甘さがあるので、普段あまり甘いものを食べない方はちょっと気になるかもしれません。

1つ気になるのは、何かはわかりませんがグミのような弾力があるものが混ざっているのですが、これが歯の詰め物にくっついて外れそうで恐いです。
以前に普通のオレンジグミを食べてポロッといったのでとても気になります。

それを除けば食べ応えもありますしそれなりにお腹もいっぱいになり、わりと腹持ちも良いので良いですね。


そして、このフルグラの本当の威力を知ったのはお昼近くになってからでした。
ものすごい快便になりました。

ここのところやや便秘気味だったのですが、流しながらしないと詰まりそうなくらいの勢いです。
しかも、1回でおさまらず午後になってもう1回行くハメになりました。

休みの日で出かける用事も無く家にいたので良かったのですが、これは出かける時にうっかり食べると場合によっては大惨事になりかねません。
悪いことではないのですが、初めて食べるときはそのへんを考えておかないといけなさそうです。

2日目も食べたのですが、同じような感じでした。
この2日間でかなりスッキリした感じです。

これは思わぬことでしたが、最近ちょっと出が悪いことが多いので休みの日&出かけない日限定で食べるのもイイナァと思いました。
1日出ないだけでなんとなく体が重いような感じがしてしまうので便秘については結構気にしています。

昔、コーンフレークを食べてみた時には大して美味しいとも思わなかったのですが、これはなかなかいけます。
甘さが気になるところですが、栄養価もそれなりにあるようですし休日限定で飽きるまでしばらく食べてみようかなと思います。



B00BQS6I88カルビー フルグラ 380gカルビー 2013-02-18

by G-Tools

コメント:0

コメントフォーム
入力情報を記憶させますか?

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://kimagureman.net/archives/23324/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
カルビー フルーツグラノーラを食べてみた from Kimagureman! Studio ~趣味全開! 気まぐれ更新日記~

Home > 雑想 > カルビー フルーツグラノーラを食べてみた

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ
にほんブログ村 コレクションブログへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top

back to top