Home > 雑想 > ついにAmazonプライムに入ることになるか!?

ついにAmazonプライムに入ることになるか!?

  • 2014-05-13 (火) 16:30
  • 雑想
  • このエントリをはてなブックマークに登録

20140513150952s.jpg

確か今年の4月頃からだったと思いますが、Amazonでペットボトル飲料を箱買いする際に追加料金が発生するようになりました。
特別取扱商品ということで商品価格とは別に『取扱手数料』なるものが発生する商品が出来たようです。

 link >>  Amazon.co.jp ヘルプ: 特別取扱商品について


どんな商品に付くものなかよくわかりませんが、ザッと見た限りでは350ml以上のペットボトル飲料などに付いているようです。
ペットボトルでも200mlものや紙パックの野菜ジュースなどは付いていないようでした。

大型商品や重量のある商品に付くのかと思いきや、SHARPの40型テレビや42インチ対応テレビ台などには付いていませんでした。
また、参考商品でソファが出ていますが、Amazon扱いの『コーナーソファー3点セット』など取扱手数料が付いていません。

他に大きくて重そうで運び辛そうなもので、タイヤ、折り畳み自転車、エアロバイクなど見てみましたが私が見た限りでは付いている物は見当たりませんでした。
大型家電などはそれ自体Amazonではほとんど扱っておらず、『三菱冷蔵庫 プラチナブラック 右開き 335L MR-C34T-B』などありましたが、取扱手数料の表記は見当たりませんでした。

他にもっと探せば出てきそうな気がしますが、どうも私の見た限りでは一部のペットボトル飲料限定で追加しているような感じがします。


ペットボトルは、近所のスーパーの方が安いことは安いのですが、扱っている品目が少なくなんといっても1箱持ち帰るのは大変です。
多少割高でもAmazonの方が取扱品目が多いですし、届けてもらったほうが楽なので利用しています。

ただ、1,300円ほどの商品に350円追加されると割高感は否めません。
楽天などで買おうかなと思いつつもそちらはそちらで送料がかかったりして大して変わらなかったりします。

確かにミネラルウォーターなど1箱1,000円以下のものもあったりしますのでそれを送料無料でバンバン送っていては大変だろうとは思います。
私の場合、ペットボトル飲料は1~1.5ヶ月に1回くらい頼むので1年で3,500円くらいの追加になるでしょうか。

そうなるとAmazonプライムに入って手数料無しにしたほうがそれ以外の商品の発送も早くなって良いのかなと思います。
Amazonを利用し始めてもう13年ほど経ちますが、無料のお試し以外でプライム会員になったことがありません。

特に急ぐときは別途追加料金を払ってお急ぎ便を使っていましたが、それも年に数回あるかどうかです。
3,900円がもったいないというのが主な理由ですが、特に必要性も感じませんでした。

それがこういう状況になるとプライム会員にならざるをえないのかなと思ったりします。
最近、ちょっと発送が遅いときもあったりするのでちょくちょく利用するには会員の方が良いような気もします。

そんなこともあって電化製品関連などはヨドバシ.comで買うことも多くなりました。
3,900円でここまで悩むのもなんですが、なんとなく入らざるを得ないような状態にさせられているような感じがしてあまり愉快ではありません。

とはいえ、今のところAmazon無しというのは考えられないので素直に3,900円払って取扱手数料無し、お急ぎ便使い放題で利用した方が精神的にも良いような気がします。

コメント:0

コメントフォーム
入力情報を記憶させますか?

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://kimagureman.net/archives/23132/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
ついにAmazonプライムに入ることになるか!? from Kimagureman! Studio ~趣味全開! 気まぐれ更新日記~

Home > 雑想 > ついにAmazonプライムに入ることになるか!?

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ
にほんブログ村 コレクションブログへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top

back to top