Home > オーディオ、AV機器 | レビュー > 【レビュー】ORB ヘッドホンアンプ JADE casaを使ってみた

【レビュー】ORB ヘッドホンアンプ JADE casaを使ってみた

IMG_0377s.jpg


現在、ヘッドホンはLUXMAN DA-100にて聴いているのですが、どうも今ひとつ鳴り方が気に入らなくなってきました。
解像感は高く元気もある感じなのですが、高音のキンキンした感じが気になります。

特にDT990Proでその傾向が強く、女性ボーカルのサ行も気になってちょっと長時間の視聴が厳しい感じです。
購入当初からいくつか手を加えてみたのですが、スピーカーで鳴る音はますます良くなってきたのですがヘッドホンは納得いくところまで来ませんでした。

そこで以前から考えていたヘッドホンアンプを追加してみることにしました。
色々調べてみると、D/Aコンバーターとの複合機ばかり目についてアンプ単体のものがあまり見当たりません。

DA-100と同じLUXMANからは数機種出ていますが、価格が結構高いのでちょっと足すには考えてしまいます。
そんな中、目に付いたのがORBのJADE casaです。

聞いたことがないメーカーでしたが、国内のメーカーだそうです。
ヘッドホン祭でスケルトンモデルを展示していたらしく、中身に自信があると思い選んでみました。

 link >>  ORB High-end Audio ヘッドフォンアンプ JADE casa



レビュー

IMG_0362s.jpg

今回はAmazon経由のe☆イヤホンで購入しました。
外装には何の印刷も無い無地の段ボール箱で届きました。



IMG_0365s.jpg

IMG_0367s.jpg

段ボールを開梱すると緩衝材がたくさん入っていてさらに商品がプチプチで包まれていました。
e☆イヤホンは初めて利用しましたが、注文した当日に発送してくれて翌日には届きました。



IMG_0372s.jpg

IMG_0369s.jpg

製品はシンプルな白い箱に入っていました。
側面に商品名などの記載があります。



IMG_0373s.jpg

蓋を開けて一瞬驚きましたが、緩衝材が曲がって入っていました。
外れてはいませんでしたが、LUXMANの丁寧な梱包に比べるとかなりアバウトな感じがします。



IMG_0380s.jpg

付属品は、電源コード、ステレオミニケーブル、ゴム足、説明書、保証書のみです。
DA-100もそうでしたが、最近の傾向なのかもしれませんが足を自分で取付ける製品が多い気がします。

説明書と保証書はいかにもプリンターで印刷した紙でかなり簡素な感じです。

電源ケーブルは太めのしっかりしたものが付属していましたのでひとまずこれを使おうと思います。
ピンケーブルは付属のものはまず使わないので無くても問題ないです。



IMG_0386s.jpg

IMG_0387s.jpg

付属のゴム足では心許ないので、Fostex PM0.3で使っていたaudio-technicaのAT6089CKを貼り付けてみました。
接着はブチルゴムを丸く切って貼ってあります。

直径18mmほどの小さいインシュレーターですが、安価ながら質感も良くてなかなかイイ感じになりました。
オヤイデのINS-USとINS-SPあたりを組み合わせて使っても良いかなと思います。



IMG_0399s.jpg

背面はシンプルでRCAとステレオミニの2系統の入力、電源、電源スイッチのみです。
右下にあるMade in Japanの文字がうれしいところです。



IMG_0393s.jpg

本体のサイズと発熱が大きいということで1番上に置いてみました。
ORBのロゴが存在感をアピールしてくれます。



使用感

今回初めて購入したORBの製品ですが、モノとしての作りはなかなかイイ感じです。
フロントパネルのデザインが海外製品ぽぃ印象でしたが、国内の自社工場でせっせと作っているそうです。

名前の読み方ですが、ジェイドカーサという感じに読むそうです。
casaはイタリア語で家の意味だそうですので翡翠の家という感じでしょうか。

最初、ジェイドケースかと思っていました。

まず目立つのが前面左にある大きめの液晶(?)画面です。
何が表示されるのかと思ったら、メーカーロゴが出るだけでした。

購入前からこれは必要あるのかと思っていたのですが、いざ点灯してみると落ち着いた感じの発光具合がなかなかイイ感じです。
下にある赤字のJADE casa / Headphone amplifierが良いアクセントになっています。

カラーが、ブラックと新色のネイビー、在庫限りのオーシャンブルーと3色あったのですが、無難にブラックを選んでしまいました。
結構悩んで選んで悪くは無いのですが、もう少し冒険しても良かったかなと思います。

ブラックの筐体は、質感は悪くないのですが触ると跡が付いて目立つのが難点です。

フロントパネルは綺麗な作りで安っぽさはありません。
ただ、独特のザラザラした手触りは綺麗なのですが、指でなぞると首筋にゾワゾワッとした感じが走ります。

ボリュームつまみは逆テーパー形状で、中央部が凹んでいます。
回したときの滑らかさはもう少し欲しいところですが、大きめのつまみで程良いトルク感があって回しやすいです。

InputセレクトとDynamicモードのボタンは出っ張りが少なく薬の錠剤のような形ですが、爪が伸びていると少々押しにくそうです。
Inputは、点灯(ステレオミニジャック)と消灯(RCA端子)で入力を判断します。

入出力はシンプルで、出力は前面にφ6.3ヘッドホンジャック、入力は背面にRCA端子が1系統とステレオミニジャックが1系統あるのみです。
奥行きはDA-100と同じくらいで、横幅がだいぶ大きいですが厚みが薄いので思ったよりコンパクトな感じです。

また、これもDA-100と同様ですが、電源スイッチが背面にあります。
結構発熱するので外出時などは電源OFFにしたいところなのですが、背面スイッチは使いにくいです。



気になる音質

接続は、DA-100にアナログ出力が1系統しかないのでいったんプリメインアンプに入れてそこから出力して接続しています。
試聴は、霜月はるかの月追いの都市、星空アンサンブル、レムルローズの魔女などを聴いてみました。

  1. Pioneer N-30 (光出力)
  2. AUDIOTRAK GlassBlack2plus
  3. LUXMAN DA-100
  4. audio-technica AT6A66
  5. SANSUI AU-α907 Limited(NORMAL-1入力、TAPE1 REC出力)
  6. Zonotone Silver Meister AC-1001
  7. ORB JADE casa
  8. AKG Q701 / beyerdynamic DT990pro

JADE casaにスルーアウトが無いのでちょっと遠回りの接続になってしまいました。

まだ使い始めでエージングもなにも無い状態ですが、一聴して聴きやすいバランスになっていると思いました。
プリメインアンプ経由なので少々解像感は落ちている感じですが、高音のキンキンした感じがマイルドになって全体の質感が安定した感じです。

Dynamicモードを使うと広がり感は少なくなりますが、低音が増強されます。
Q701でもこんなに低音が出るのかと驚くような感じになりました。

逆にDT990Proは元々低音も十分出るのでDynamicモードではちょっと低音が鬱陶しい感じがします。
ただ、ロックなどズンズン聴きたい人にはなかなかイイ感じではないかと思います。

かなり感じが変わるのでヘッドホンや聴く音楽に合わせて切り替えると良さそうです。
まだ使い始めなので評価しきれないところもありますが、DA-100と比べて全体的に聴きやすくなったと思います。

出来ればDA-100から直挿しで使いたいところなのですが、そうするとスピーカーで聴くのに毎回ケーブルを差し替えないといけないので悩ましいところです。
ヘッドホンの利用は増えましたが、やはりメインはスピーカーなのです。

性能の良さそうなラインセレクターなど使ってみようか思案中です。

DA-100にもヘッドホンアンプが搭載されていて、果たして単体のヘッドホンアンプを追加してどうだろうかと思ったのですが、なかなか良好な結果で満足です。
ただ、DA-100の性能が悪いというわけでは無く、やはりメイン機能はD/Aコンバーターなのだと思います。

実際、DA-100の商品名はD/Aコンバーターでありスピーカーからの音は素晴らしく魅力的になりました。
DA-100は今後もD/Aコンバーターとして活躍してくれそうで、ヘッドホンをJADE casaに任せるという感じになりそうです。

5万円前後くらいの価格帯ではD/Aコンバーターとヘッドホンアンプの複合機が多く、単体のヘッドホンアンプが少ないです。
D/Aコンバーター無しのヘッドホンアンプだとなんとなく物足りない気もしますが、シンプルにヘッドホンの駆動に徹しているだけあって非常に使いやすく思います。

これからエージングが進んでこなれてくると思いますが、ますます音楽を聴くのが楽しみになります。



B009XNIWCSORB ピュアオーディオクオリティヘッドホンアンプ JADE casa black オーブORB オーブ

by G-Tools

コメント:2

3939sound 14-09-16 (火) 15:34

私も 「DT-990pro」 と 「Q701」 の両方のヘッドホンを持っています。 ヘッドホンアンプは 「ORB JADE-2 Limited」しか使ったことがないのですが、このヘッドホンアンプで聴く 「DT-990pro」のサウンドは大変相性が良く感じます。艶や温度感と透明感がバランス良く表現されます。それと、元々低域の量感が持ち味の「DT-990pro」ですから低域不足もありませんし大変満足しています。私もORBのA級ヘッドホンアンプと「DT-990pro」の組み合わせはお勧めしたい組み合わせだと思いましたですね。

Rio 14-09-16 (火) 20:13

ORB JADE-2 Limitedとは良いヘッドホンアンプをお持ちで羨ましい限りです。
DT-990Proは独特な魅力があって好きな人にはたまらないヘッドホンですね。

私もたまに使うとその魅力にあらためて気付かされます。

コメントフォーム
入力情報を記憶させますか?

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://kimagureman.net/archives/22829/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
【レビュー】ORB ヘッドホンアンプ JADE casaを使ってみた from Kimagureman! Studio ~趣味全開! 気まぐれ更新日記~

Home > オーディオ、AV機器 | レビュー > 【レビュー】ORB ヘッドホンアンプ JADE casaを使ってみた

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ
にほんブログ村 コレクションブログへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top

back to top