Home > 撮影機材 > キヤノンの新しいレンズキャップE-72IIを買ってみた!

キヤノンの新しいレンズキャップE-72IIを買ってみた!

2M4C2117.jpg

キヤノンのレンズキャップが新しくなり、他社製レンズではお馴染みの中央につまみがあるタイプのレンズキャップになりました。

先日発売された新型のEF24-70mm F4L IS USMに付属しているということですが別売りもあります。
以前からキヤノンレンズのキャップが付け外ししにくいのが気になっていましたのでちょっと高いかなと思ったのですが注文してみました。

従来のレンズキャップは側面のつまみが小さくて指の太い私としては毎度毎度付けづらい思いをしています。
新型のレンズキャップは中央につまみがあるタイプで、レンズによってはフードを付けたまま着脱出来ます。

愛用しているEF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USMには花形フードがありますが、これを付けていても楽に着脱出来ました。
このフードは従来のキャップでも付けられますが、かなり付け外ししづらいです。


2M4C2145.jpg

2M4C2148.jpg

手元にあるシグマ62mmとタムロンの58mmのキャップと比較してみました。
径が違うのでそのまま比較するのは正しい比較ではないですが・・・。

タムロンは中央のつまみが浅く丸い形の上にバネが固めでなのでツルンとスベってしまうことが多いです。
シグマはバネの感触もよく、中央のつまみも平らでそこそこ深さもあってつまみやすいです。

そして、新型のキヤノンのキャップはタムロンとは逆に中央が凹んで外側に緩く曲線を描いており深さもそこそこあって良い感じです。
さらにつまみに段差があるのでとてもつまみやすくなっています。


2M4C2136.jpg

2M4C2133.jpg

2M4C2163.jpg

従来のキヤノンキャップと比較してみると厚みがずいぶん違います。
新型のキャップはかなり分厚いです。

分厚い分しっかりした感じで安っぽさがありません。
表面も従来の物より少し光沢が無くつや消しです。

裏面は従来の物がツヤツヤと光沢があるのに対してつや消しになっています。
表のロゴはCanonのみでULTRASONICの文字は無くなりました。


ほんのちょっとしたところですが、使い勝手が結構変わってきますね。
デザイン的にも良く出来ていると思います。

今回はEF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM用に72mmを試しに購入してみましたが、Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM用に67mmも購入しようと思います。
ただ、径によってはちょっと品薄なようです。

レンズキャップにしては少々値段が高いですが、高いだけの価値はあると思います。
キヤノン純正で待望の中央につまみのあるキャップの登場だけにぜひとも愛用のレンズ全てに装着しておきたいです。



B00A2I1OIMCanon レンズキャップ E-72II L-CAPE722キヤノン 2012-12-07

by G-Tools

コメント:0

コメントフォーム
入力情報を記憶させますか?

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://kimagureman.net/archives/20348/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
キヤノンの新しいレンズキャップE-72IIを買ってみた! from Kimagureman! Studio ~趣味全開! 気まぐれ更新日記~

Home > 撮影機材 > キヤノンの新しいレンズキャップE-72IIを買ってみた!

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ
にほんブログ村 コレクションブログへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top

back to top