Home > レビュー | 撮影機材 > 【レビュー】SanDisk Extreme Pro CFカードのその後

【レビュー】SanDisk Extreme Pro CFカードのその後

2M4C1796.jpg

先日、贅沢をしてSandiskのExtreme Proを購入したのですが性能が今ひとつ伸びませんでした。
その後、Extreme Proがこんな性能なわけがないと、そんなことを考えて色々やっていました。

まずは、販売店に問い合わせたところ正常な数値の範囲内らしいとのことでこれ以上わからないのでメーカーへ確認して欲しいとのことでした。
販売店に詳しく聞いたところでそこからメーカーにちょろっと聞く以上のことは出来ないと思いますのでそのままメーカーへ直接聞いてみることにしました。

Sandiskへ問い合わせたところ・・・。

>やはり書き込み速度と読み込み速度の数値の差異が
>少々大きいように存じますが、


との返事があり、当方でのベンチマークソフトやカードリーダーの詳細などを伝えたりして数回やり取りがありました。
結局、Sandisk側からの提案はカードのフォーマットをやってみて欲しい程度のことでした。

CFカードなので他にどうこうしようが無いのでこれくらいしかやることもないと思います。
もちろん、言われる前に何度もやってみましたが・・・。

それでも変わらないということで再度連絡をすると・・・。

>弊社担当者にて、再度確認させていただきましたところ、
>この度のご計測結果につきましては、
>読み取りが書き込みより遅くなるというCF・エクストリームトリームプロ製品の特性であり、
>不具合によるものではないという結論でございます。


ということで返事が来ました。
ただ、今回に限り返品または交換に応じても良いということでしたので交換してもらうことにしました。

このへんは国内正規版を買っておいて良かったというところですね。

7~10営業日ほどかかるとのことでしたが、11/7に発送して11/9にはもう代替品が戻って来てしまいました。
以前と同じパッケージで見た目も同じですが、側面の製造番号が変わっていました。

そして、ドキドキの再ベンチマークですが・・・。


結果は変わりませんでした。


交換してもらったカードの製造番号が送付したものとだいぶ離れているのでおそらく同一ロットではないのではないかと思います。
それで同じ不具合というのもちょっと考えにくいので、変わらないということはカードではなくカードリーダーもしくはPC側の問題があると思いました。

Sandiskのサポートセンターとのやりとりではドライバ云々とかの話は全く出なかったのですが、ここまでやってもらってダメでしたは申し訳ありません。
USB3.0のドライバを更新したり、差し込み口を変えてみたり、さらにマザーボードのBIOSも更新してみたりしましたが変わりませんでした。

さすがにOSの再インストールまでやっている暇は無いので、ヨドバシでSandiskのUSB3.0カードリーダーを買って試してみました。
メインPC以外はUSB3.0に非対応なので繋ぎ替えて試せないのです。

すると・・・。


20121110141243.bmp
Sandisk ImageMate オールインワン USB3.0リーダー/ライター


20121110140855.bmp
Lexar プロフェッショナル CF/SDデュアルスロットカードリーダーLRW300URBJP


これはもうカードリーダーが原因としか言えない結果になってしまいました。
ただ、Extreme ProのSDカードはそれなりのスピードが出ていたので、特にLRW300URBJPのCFカードスロットだけの問題なのでしょうか。

そのへんは不明ですが、あれだけ遅かった読み込み速度が一気に倍近くまでいくとなるとリーダーの不具合としか言えないですね。
速いと思っていた書き込み速度ですら10MB/s近い差が出ました。

まさか、ライバルメーカーのカードを意図的に遅くしているとも思えませんが・・・。
今思えば、なぜカードリーダーもSandiskの純正品を選ばなかったのか・・・ということが悔やまれます。

Random Read、Wrirte 4KBの値がちょっと低いのが気になりますが、カメラ用のメモリーカードでそう細かいデータを大量に読み書きすることは無いと思いますのでそのへんは無問題です。
ひとまずシーケンシャルアクセスの数値が良ければそれでokです。

これで読み書き速度の不安が解消しましたので、あとはしばらく撮影で使ってみて読み書きのエラーが出なければ晴れて5D3の常用カードに出来そうです。

他のカードでこれといっておかしい数値が出なかったのでカード側の問題かと思ったのですが、まさかリーダーの問題だったとは思いませんでした。
LexarのリーダーはMacで不具合があったのでそれ用のファームウェアが公開されています。

そのファームウェアに更新してみましたが、結果は変わりませんでした。
使えるのがSDカードとCFカードのみで差し込み口が収納出来る構造が結構気に入っていたので残念です。

Lexarは、EOS 40Dと一緒に購入したCFカードが書き込みエラーを出したりして良い印象が無く今まで使うのを控えていたのですがこれでその印象にトドメを刺した感じになってしまいました。
Sandiskは、サポートセンターの対応も早くて丁寧でしたし、これからも愛用していきたいと思いました。

コメント:0

コメントフォーム
入力情報を記憶させますか?

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://kimagureman.net/archives/20039/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
【レビュー】SanDisk Extreme Pro CFカードのその後 from Kimagureman! Studio ~趣味全開! 気まぐれ更新日記~

Home > レビュー | 撮影機材 > 【レビュー】SanDisk Extreme Pro CFカードのその後

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ
にほんブログ村 コレクションブログへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top

back to top