Home > ゲーム > 【FFXI】やっと重い腰を上げてAmhulukをやってきた。

【FFXI】やっと重い腰を上げてAmhulukをやってきた。

20111009170158.jpg

20111009182238.jpg

今日は、あと1つで止まっていた詩人のエンピリアン装束アエドアタイアを完成させました。
頭胴手足は+2になっていたのですが、脚が+1のままでした。

 link >>  アエドアタイア/FF11用語辞典
 link >>  金行の小片/FF11用語辞典


脚を+2にするには金行の小片が必要なのですが、これがどのNMも面倒なのです。
TristitiaとUsurperはジェイドNMで連戦が難しくDROPも1個です。

Myrmecoleonはかなり強いNMでやはり1個しか落とさず、Chlorisも1個しか出ません。
すると、必然的に黄色弱点で最大3個出るAmhulukでやることになります。

ですが、なぜかあまりAmhulukの募集は多くないような気がします。
もっとも今はヴォイドウォッチばかりになっていますが・・・。

金行の小片はシーフや詩人などで使いますのでそれなりに需要はあると思います。
実際、募集したところ一瞬で金小Tellで埋まりました。

金小希望は集めるのは楽そうですが、問題は残りの五行で人を集めることですね。
火行の小片はシーフや召喚士で需要がありそうですが、残りの金行の宝石と火行の宝石は微妙な感じです。

今回は運良く金小3人+他の五行各1で埋めることが出来ました。
DROPする武器類もあまり人気が無いもののようなので、まずは人集めが大変そうですね。

場合によっては金小を4人5人に増やす必要もあるかもしれません。
そんなAmhulukですが、ずいぶん前にアートマ取りでやって以来まったく縁がありませんでした。

何度もやっているウルハドシやイツパパ、ソベクなどであれば気軽に募集をかけるところですが、ほとんど経験の無いNMは躊躇してしまいます。
そんなわけで、シーフと詩人で使うにもかかわらず後回しにしてきました。

ところが実際にやってみるとトリガーNMは3体ともわりと近くですし、時間POPのコーモリNMも放置状態でした。
風属性の特殊攻撃が結構キツイですが、ヴァーミリオンウィンドやカラミティウィンドを後衛がもらわなければ回復はそう大変でもなさそうです。

位置取りは、盾の忍が壁を背にして後衛陣は側面で出来るだけ離れていると良いようです。
シーフは不意打ちとだまし討ちのみやって、戦もWSだけ撃つのが良さそうです。

範囲攻撃にどれだけ巻き込まれるかで難易度が変わってきそうです。

やり方を間違えなければ、白的にはウルハドシあたりの方が大変ですね。
今回は定番の忍戦シ白青黒/吟でやりました。

風曜日ではなかったり、弱点のスレノディが1回だけだったことも幸いして6戦無事に終わりました。
ただ、金小と黄色弱点100%の火宝以外のDROPが渋めでした。


これでやっと詩人のアエドアタイアが全部位+2になりました。
脚は、バラード+1に歌の再詠唱-、歌唱スキル+に魔法命中+まで付いているすさまじい装備ですね。

なかなか詩人の出番が無いのですが、楽器も結構揃いましたのでアビセアNMで詩人も募集している時は積極的に参加したいですね。

こう見えて、リンバスや空活動をしていた頃は詩人がメインでした。
すっかりご無沙汰していますが、たまにやる詩人はなかなか楽しいんですよね。

コメント:0

コメントフォーム
入力情報を記憶させますか?

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://kimagureman.net/archives/17157/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
【FFXI】やっと重い腰を上げてAmhulukをやってきた。 from Kimagureman! Studio ~趣味全開! 気まぐれ更新日記~

Home > ゲーム > 【FFXI】やっと重い腰を上げてAmhulukをやってきた。

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ
にほんブログ村 コレクションブログへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top

back to top