Home > ゲーム > 【FFXI】普段モグサックに入れて持ち歩く装備、アイテム類を考える。

【FFXI】普段モグサックに入れて持ち歩く装備、アイテム類を考える。

bag1.jpg

たまに一緒に遊ぶフレがいるのですが、非常に上手い人で毎回色々と考えさせられることが多いです。
2人で様々なNMを倒せてしまうのは毎回驚きです。

そして、上手い人には上手い理由があると思いました。
その一つに普段から常備しているアイテム類があります。

やまびこ薬や毒消しは当たり前のように常用していました。
そして、野良PTではまず使う人のいない万能薬なども状況によってバンバン使っていました。

結構値の張るアイテムなのですが、少人数でNMをやる場合などは悠長に回復してもらうのを待っていられないことも多いです。
聞くと、ほとんどの回復アイテムを常備しているということでした。

私はモグサッチェルには忍者用の着がえ装備類などを入れ、モグサックにその他よく使うアイテム類を入れています。
それなりに持ち歩いていましたが、参考にさせてもらって少し追加してみました。


薬品類

薬品類でまず用意したいのは、やまびこ薬でしょう。
一部、モ/戦など必要としないジョブもありますが、メインorサポに忍があったり、後衛であれば持ち歩くことは必須ではないかと思います。

空蝉の術やケアルなど重要な忍術や魔法が使えなくなるのは非常に危険です。
沈黙の頻度にもよりますが、頻繁に使ってきたり範囲で沈黙になる敵などには後衛からの回復を待たずに自分で回復するべき場面もあると思います。

以前は1Dほどしか持ち歩いていなかったのですが、現在は2Dは持ち歩くようにしています。
また、最初から沈黙の多い敵をやるとわかっている時などは更に追加していっています。


その他の薬品類では、あまり使用頻度は高くないですが毒消しや聖水などもあると便利ですね。
一部の敵の強烈な毒や死の宣告など自己回復した方が良い場面もあると思います。

万能薬は、高価ですが麻痺や病気を含めて複数のステータス異常を治してくれます。
積極的に使うのは大変ですが、常備していても良いと思います。

似たような薬品に万能膏というのもあります。
こちらは、万能薬と同じものを1つしか治せませんが万能薬ほど高価でないのが良いところです。

また、プリズムパウダーとサイレントオイルも常備しています。
最近はほとんど使うことが無くなりましたが、黒/吟などで出かける時は忘れずに持って行きたいところです。


20110719145205.jpg

昔からの習慣でプリズムパウダーとサイレントオイル、やまびこ薬、呪符2種はカバンに入れてすぐ使えるようにしています。


リレイズ用品

そして、最近多めに用意しているのがリレイズ用品です。
リレイズピアスなどのエンチャントアイテムがあれば良さそうですが、いざという時に装備を変えて30秒待つのは厳しいものがあります。

忍者で盾をしているときに倒されても、リレイズで起き上がりすばやくアイテムでリレイズをかけて微塵をして復活することが出来ます。
ちょっとまずそうな場面ではあらかじめリレイズアイテムをカバンに移動しておくのも忘れないようにしたいです。

盾が倒されるような場面でいちいち後衛にレイズをしてもらわずに自分で素早く対応したいところですね。

アイテムですぐ使えるものをいくつか用意しておきたいところです。
私は、アビセアのクエでもらえるハイリレイザーやリバイヴフェザーと呪符リレイズを持ち歩いています。

もちろん、エンチャントアイテムも一緒に持ち歩いています。
戦闘前の時間のある時に使うにはエンチャントアイテムで良いですね。


食事

食事もいくつか持ち歩いています。
持ち歩いているのは、攻撃力、命中、MP、HP、合成、戦闘スキル上げの各食事です。

8種類ほどとちょっと多いですが、攻撃力と命中は価格の安いものも持ち歩いています。
ソロで雑魚敵を狩る場合などには攻撃力UPに安価な山串を使ったり、PTでちょっと白で殴れる場面などがあったりした時には命中UPに安価なクラブスシを使っています。

調理職人なので、ついアレコレ持ち歩きたくなってしまいます。
アビセアエリアでの活動であれば前衛なら攻撃力、命中で各1つ、後衛は無くてもいいかもしれません。

ですが、装備に気合いの入っている人などはやはり良いモノを食べています。
私ももう少し良いモノを持ち歩きたいところです。


装備、忍具類

装備は、属性杖一式と合成用の装備類を持ち歩いています。
モグサッチェルの方には更に忍者用の各種武器、防具類を入れていますが、そちらはまた別の機会に。

属性杖は、全ジョブで使える上にあれば何かと使えますので邪魔ではありますが一式持ち歩いています。
今はHQもそれなりに安価になりました。

NQなら数千ギルで買えますので、あまり使わない杖はNQでも良さそうですね。


合成用の装備は釣り具と共に常時持ち歩いています。
合成は基本的に街でやりますので持ち歩かなくても良いのですが、いちいちモグハウスに戻るのが面倒なので持ってたりします。

釣り具は、NMのPOP時間待ちの時に使ったり、船で移動するときに出発の待ち時間に使ったりしています。
あまり使用頻度は高くないですが、街から離れた時に釣り具を持ってくればよかったと思うこともまれにあったりします。


忍具は、忍者での行動が多いので欠かせません。
たすきで持ち歩いているのは、氷柱、紙兵、猪、鹿、蝶です。

猪鹿蝶があれば十分なのですが、店売りのみでどれも結構値段が高いのです。
使用量の多い紙兵と、メイン遁術で安価な氷柱を別途たすきにしています。

また弱体忍術の催涙卵、鈎縄、呪札と移動時の三尺手拭、忍足袋だけは個別にカバンに99個入れておき、減ってきたら補充するようにしています。
特に三尺手拭と忍足袋はサポ忍時に猪鹿蝶が使えないので持ち歩くようにしています。


移動用装備類 その他

意外とかさばっているのが移動用の装備類です。

各街へ飛ぶのに使うテレポピアスやリングなどがかなりあります。
ノーグやカザム、ナシュモなど滅多に行かないところもありますが、いざ何かの都合で街の外にいるときに行く必要があったりすると困るので持ち歩いています。


経験値用のリングはアビセアでは意味がないのでサッパリ使わなくなりました。
アニバーサリリングなどフェロー上げなどで使い切ってしまいたいところです。

モグの預り帳はよく使うエンピリアン装束関係のものとリンバス、獣人古銭関係のものを持ち歩いています。




カバンとモグサッチェル、モグサックで80×3の240個持ち歩けますが、戦利品などを入れる空きも作っておかねばなりません。
もう少し空きを増やしたいところですが、もう少し持っていきたいものもあったりします。

240個というとかなりの量です。
フレのカバンの中はなかなか参考になりました。

時々出会う上手い人の装備類は見せてもらうことも出来ますが、見えないカバンの中も気になりますね。
持ち物を見るとその人のプレイスタイルもなんとなくわかりそうな気がします。

コメント:0

コメントフォーム
入力情報を記憶させますか?

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://kimagureman.net/archives/16597/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
【FFXI】普段モグサックに入れて持ち歩く装備、アイテム類を考える。 from Kimagureman! Studio ~趣味全開! 気まぐれ更新日記~

Home > ゲーム > 【FFXI】普段モグサックに入れて持ち歩く装備、アイテム類を考える。

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ
にほんブログ村 コレクションブログへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top

back to top