Home > ゲーム > 【FFXI】最後の忍者エンピリアン装束『真伊賀脚絆』をソロで完成させてみた。

【FFXI】最後の忍者エンピリアン装束『真伊賀脚絆』をソロで完成させてみた。

去年の9月に作り始めた忍者エンピリアン装束の伊賀装束ですが、やっと全部位+2になり完成と相成りました。
今回は、ソロで水行の絵札を集めて完成しました。

 link >>  伊賀脚絆/FF11用語辞典
 link >>  五行素材/FF11用語辞典
 link >>  Ketea/FF11用語辞典


伊賀脚絆改になったのはわりと早い段階でしたが、水行の絵札をどうするか考えているうちに1番最後になってしまいました。
先日のVerUPで水行の絵札を落とすNMが増えたのですが、どれもイマイチな感じでしたので結局確実に入手出来るKeteaをやることにしました。

伊賀脚絆改を真伊賀脚絆にするには水行の絵札が6枚必要です。

面倒なジェイドNMでありますが、ソロでも倒せば確実に1枚入手出来るので6回やれば揃います。
ですが、思わぬトラブルで7回ジェイドを作るハメになりましたが・・・。



無色のジェイドから変色ジェイドを作る。

水行の絵札を落とすKeteaをやるには、無色のジェイドを変色、紅色と変えなければいけません。
最初の無色から変色にするのは、慣れたアビセア-ラテーヌでMeditatorをやりました。

周辺の雑魚よりHPが少し多めなだけの簡単なNMですが、沸く範囲が広くなかなか変色にならなくて大変です。
そんな時は、いったん無色のジェイドを破棄してもらいなおしてやりました。

5~6回やっても変わらなければもらいなおしてやると良いかもしれません。
今回は、6回とも運良くすぐに変わりました。



アビセア-ブンカール 三日月形の変色ジェイドNM Hm’zdei

20110520070635.jpg

Keteaをやるにあたって最大の難関と思われるNMです。
忍/白ソロ(灰燼凶角邪鬼アートマ)でやりましたが、『反応炉冷却』のアイススパイクと空蝉を少し厚めしておくことに注意すればソロでも余裕のNMです。

サポ白にしたのは、麻痺にパラナを使うためです。
ヒーリングワルツで麻痺をうまく回復出来ないと少々危ないですが、サポ踊でも余裕です。

サポ踊の場合は、念のために万能薬か万能膏を用意しておくと良いかもしれません。


反応炉冷却のアイススパイクは結構痛いダメージのうえ、簡単に麻痺してしまうので効果が切れるまで後ろを向いて遁術を撃っていました。
突斬耐性があるので片手刀でのダメージが出にくいのですが、意外に遁術でダメージが入ります。

二重を使って氷遁参を撃ったところ1000ほどダメージが入りました。
弐、参の遁術を各2発くらい撃っているとアイススパイクが切れます。

『反応炉加熱』『反応炉重荷』では空蝉が複数枚切れる場合がありますので空蝉は2枚以上維持すると良いと思います。

忍ソロでやるには特に問題のないNMなのですが、多くの時間で誰かしらが沸かしていて非常にライバルの多いNMです。
Hm’zdeiのライバルが多く、なかなかやることが出来ないというのがKeteaをやる上での最大の難点なのです。

また、このNMはバラード+1の楽器を落とすのですが、これを狙っている人もいそうです。

途中で運良く青弱点を突くことが出来て1発DROPしました。
ちょうど詩人も90になっていたので改めて取りに来なくて済んで良かったです。


20110520155254.jpg


アビセア-ブンカール 三日月形の紅色のジェイドNM Ketea

20110520072926.jpg

そして、水行の絵札を落とすNM Keteaです。

常時消せないアイススパイク状態で口を閉じているときは魔法ダメージを吸収してしまいます。
また、弱体魔法を入れると口を開いて魔法ダメージを吸収しなくなりますが攻撃力がアップします。

ブリザガIVやパライガなどガ系魔法も多用しますので忍者的には相性が良くありません。
特に麻痺がやっかいで殴っているだけでも麻痺で空蝉が中断されまくりでソロでは危険なNMです。

実は、最初の1回目はソロではなく白のフレと一緒にやりました。
補助役の2人とやればさほど苦もなく倒せます。

ですが、ジェイドNMなので1回やるごとに色つけしなくてはいけませんので、2垢ならともかく色つけ出来るたびにフレに手伝いを頼むわけにもいきません。
そこで、アビセアソロではお馴染みの天神薬を使うことにしました。

元々伊賀装束を作るにあたって脚絆は天神薬を使うことも想定してクルオは貯めてありました。
ただ、手伝いが頼めれば黄色弱点で絵札の枚数が増えますし、天神薬を使う必要もありません。

とはいえ、フレだけで黄色弱点を確実に突けるメンバーを集められるあてもないので今回は天神薬×5でソロをしました。

天神薬を使えば、1分かからずに倒せてしまいます。
1回20万クルオは痛いですが、これなら無色のジェイドから最後の紅色までソロで出来ます。


ただし、使うにあたって注意が必要なものがあります。
それは、『スリプガII』です。

向かうところ敵無しの最強天神薬もステータス異常には無力ですのでスリプガも簡単にもらってしまいます。
そして、その強力な防御力で0ダメージを連発してなかなか起きません。

天神薬は3分という時間制限があるので下手をすると倒す前に寝たまま効果が切れる可能性もあります。
そこで、天神薬と同時に毒薬またはエルシモパキラの実などを使います。

たとえ1~2ダメージでもちゃんと起きます。
毒薬は3分もちますがエルシモパキラの実は2分なので、倒す前に毒が切れる可能性もありますので使用するにあたっては注意が必要です。

ちなみに、麻痺もしますしブライガで暗闇にもなりますが、WSは麻痺で潰れませんし暗闇の命中ダウンは強力な天神パワーの前には無意味です。
天神薬を使うにあたっては、睡眠だけ要注意です。


沸かせた際はすぐに抜刀せず、まずは遁術で黄色弱点を狙ってみました。
殴るとすぐに麻痺してしまいますので天神薬を使うまでは殴らない方が良いと思います。

結局、1回も弱点が突けませんでしたが、運が良ければ弱点を突き絵札の枚数が増えると思います。
そして、毒薬→天神薬の順で使い、迅→天→迅→天→・・・の順にWSを撃って倒しました。

毒薬を最初に使うのは、いきなりスリプガIIが飛んでくる可能性があるためです。
実際、毒薬直後に飛んで来たことが1回ありました。

WSを交互に撃つのは、連携ダメージで回復させないためです。



Hm’zdeiとKeteaの移動ルート

20110521153241.jpg

私が確認した限りでは、Hm’zdeiとKeteaとも入り口付近のアメーバンエリアあたりに沸き、南下していくようです。
沸いてすぐに捕まえられれば良いのですが、少し進んでしまうと南東の段差を上がってしまいます。

するとボムエリアへ進んでしまいますので幽門石#8から追いかけます。
出来ればボムエリア内ではやりたくないですね。

その後キノコエリアに入ります。
キノコはノンアクですが、このへんはSippoyがウロウロしていますので戦う場所は要注意です。

そして、キノコエリアから南下しタウルスエリアに入りますが、ここで南と東に分かれるようです。
東に進むとコーモリエリアに入り、ここでウロウロするようです。

南へ進むとガーゴイルエリアを抜け、地図に記載のない通路を通ってウサギエリアに出るようです。

ウサギエリアであればノンアクなので楽に沸かせられますが、コーモリエリアはアクティブな上にNMのLord Varneyがウロウロしていますので結構大変です。
Keteaであれば、天神パワーで周りの雑魚もろともなぎ倒す事も出来ますが、Hm’zdeiはそうもいかないので大変です。

もっとも、Hm’zdeiは常に狙っている人がいるような状況なのでここまで来ることは少ないかもしれません。



Keteaの五行素材と装備品

Keteaにも先日のVerUPで五行素材が追加されました。
追加されたのは、火行の宝石と火行の小片です。

本命の水行の絵札は最低1枚出ますが、他の五行素材は情報では100%ではありません。
ですが、水行の小片も6回やって各回1枚出て6枚揃ってしまいました。

トレハン無し、弱点突き無しでのKetea6回のDROPは・・・

  • 水行の絵札×6
  • 水行の小片×6
  • 火行の宝石×3
  • シェッレンバント×1
  • エクセクイガン×1

シェッレンバントとエクセクイガンは最初の1回目で出て捨てずに持っていたのでその後出ていません。
捨てていればシェッレンバントは100%DROPのようなので毎回出ると思います。

残念ながら火行の小片は出ませんでしたが、なぜか水行の小片が毎回1枚出ました。
トレハンも弱点も無しで6回出るのは単に運が良かったのか、あるいは100%DROPになったのかもしれません。

ちょうどコルセアのNAブーツ+1があったので、そのまま一緒に+2にしてしまいました。

(2011/05/31:記事修正。)別の機会にKeteaをやったところ、水行の小片を落とさなかったので100%DROPではないようです。


20110520075833.jpg


真伊賀脚絆

20110520080011.jpg

フレと1回+ソロで5回やってやっと完成しました。
人の多い時間ではHm’zdeiが取り合いで非常に大変なので、人の少ない深夜~早朝にかけて一気にやりました。

運良く変色作業も比較的トントンと進んで約1時間で1回、5時間ほどでKeteaを5回出来ました。

性能は、STR+5にDEX+5とそのまま迅用に使えますね。
さらにバルリーヌと同じヘイスト+4%にタクティカルパリー効果アップが付きます。

伊賀脚絆改のタクティカルパリー効果アップは受け流し時にTP+2がTP+3になりましたが、効果が上がっているかどうかは未確認です。
そして、最大の目玉である空蝉の術効果アップです。

空蝉の術:壱、弐ともに枚数+1になります。
ただ、表示は5枚でも4+のままです。

壱+弐が7枚から9枚になり、かなり楽になりそうです。


伊賀装束を作り始めてからかれこれ8ヶ月くらい経ってしまいましたが、やっと全部位完成しました。
さらに付随するアクセサリ類も耳飾に襟巻、合羽も揃いました。


20110520080016.jpg

伊賀道中合羽は100%DROPなので、Karkadannを天神薬で軽くなぎ倒してオリゾンロケットともども入手しました。


これで伊賀装束関連は全て完成出来ました。
後は、神無があれば言うことありませんが、さすがにソベクの取り合いを見ているとやる気が沸きません。

秋頃のウォークオブエコーズの修正を待って鳶を目指すのも良いかな、と思います。

コメント:0

コメントフォーム
入力情報を記憶させますか?

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://kimagureman.net/archives/16049/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
【FFXI】最後の忍者エンピリアン装束『真伊賀脚絆』をソロで完成させてみた。 from Kimagureman! Studio ~趣味全開! 気まぐれ更新日記~

Home > ゲーム > 【FFXI】最後の忍者エンピリアン装束『真伊賀脚絆』をソロで完成させてみた。

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ
にほんブログ村 コレクションブログへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top

back to top