Home > ゲーム > 【FFXI】シチューポットでモグハウスのキッチンが充実してきた。

【FFXI】シチューポットでモグハウスのキッチンが充実してきた。

20110516022930.jpg

遅ればせながら、ずいぶん前に追加された指定生産品クエストのお鍋をもらってきました。

 link >>  シチューポット/FF11用語辞典


最近、メイジャンの試練をやるのにソロでアビセアエリアに籠もっていたところ、妙にギルが貯まってきました。
装備品もNMのDROP品やAF3にメイジャンで揃えたりとあまり買わなくなったので、それではと調度品をアレコレ揃えています。

主にキッチン、テーブル、寝室周りに合いそうなものなどをチョイスしています。
特に1×1や1×2くらいの小物類が楽しいですね。

キッチンといえば、ガレーキッチンを入手したのが、なんとちょうど1年前の今日でした。
最初は、ガレーキッチンと少々の調度品で貧素な感じでした。

それが、1年経つと自分でも思わずニヤニヤしてしまうキッチンのあるモグハウスになってきました。
テーブル周りがまだ今ひとつしっくりこないのでアレコレ試しているところですが、キッチン周りはなかなか良い感じになってきました。


20110516023246.jpg

20110516023328.jpg


そして、このシチューポットなんですが、妙に大きいです。
2×2サイズなのですが、ガレーキッチンのコンロに載っている寸胴よりもだいぶ大きいです。

もう少し小さいかと思っていたのですが、大きくて置く場所に困りました。
ひとまず、ガレーキッチンの向かい側にストレージスタンドを置いてその上に載せてみました。

去年の12月に追加されたテーブルやスタンド類はなかなか凝った作りで良いです。
ストレージスタンドも中に食材が入っていそうな瓶などがあって雰囲気が出ます。

G9Dアルミラーより少し高さが低いので大きいシチューポットを載せて並べても意外にしっくりきました。
ちなみに、アルミラーは衣装箪笥なのですが、カウンター仕切り代わりに使っています。

大量のシチューが作れそうなシチューポットですが、中には何も入っていません。


20110516023016.jpg


調度品は、装備品と比べて数が出ない上に意外に高スキルが必要だったりします。
また、作ってもあまり売れないので職人さんもあまり作らず競売にもなかなか出ないものもあったりします。

ここのところ、競売を覗くとまず調度品を見る癖が付いてしまいうくらい調度品ばかり見ています。
一期一会な調度品を見つけると、ちょっと高めでも買ってしまったりします。

金庫もいつの間にか入る量が7~8個ほどになってしまいました。
さすがにちょっと家具を置きすぎかなと思います。

ベッドサイドなどに置いてある小物類も雑然としてきたので少し減らそうかと思っていたりします。


先日のVerUPで三国からでもアビセアエリアへ飛ぶことが出来るようになりましたので、ホームポイントをサンドへ移しました。
それでもやはりジュノが便利なのですが、テレポピアスも1時間で使えるようになりましたのでまぁいいかと思います。

FFXIはサンドから始めて、1度も移籍せずにきました。
やはりサンドの町並みは1番好きですね。

この機会にホームポイントを自国へ移した人も多いのではないかと思います。
たまに帰る時にしか見られなかったマイルームを見られる機会が増えたのはうれしいところです。

調度品は冒険の足しにはなりませんが、なぜか独特の妙な充実感がありますね。

コメント:0

コメントフォーム
入力情報を記憶させますか?

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://kimagureman.net/archives/16005/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
【FFXI】シチューポットでモグハウスのキッチンが充実してきた。 from Kimagureman! Studio ~趣味全開! 気まぐれ更新日記~

Home > ゲーム > 【FFXI】シチューポットでモグハウスのキッチンが充実してきた。

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ
にほんブログ村 コレクションブログへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top

back to top