Home > ゲーム > 【FFXI】白ソロで伊賀襟巻NM Gangly Geanに挑戦!

【FFXI】白ソロで伊賀襟巻NM Gangly Geanに挑戦!

20110507151846.jpg

今回は、アビセア-コンシュタットのNM Gangly Geanを白ソロでやってみました。

 link >>  Gangly Gean/FF11用語辞典
 link >>  伊賀襟巻/FF11用語辞典


ここのところ忍者の装備集めに勤しんできましたが、伊賀襟巻は欲しいと思いつつ雑魚との抽選POPで沸かせるのが面倒なため後回しにしてきました。
以前に、獣使いでアビセア-コンシュをウロウロしていたときに偶然1回やりましたが、残念ながらその時は出ませんでした。

すぐ沸くとはいえ抽選POPの面倒さがあり、ガ系魔法があって忍者的にあまりやりたくないNMでした。
そんな中、白ソロでの撃破報告があったので片手棍のスキル上げも兼ねてアビセア-コンシュに籠もってみました。

いつ行っても人がいる球根エリアですが、なぜか人がいるのにNMは放置されていました。
たまたま沸いたところかもしれませんが、その後も余裕で狩れたのは謎です。

もしかすると、球根を狩ってる人たちは別な目的もあるのかもしれません。


最初は白/赤、灰燼凶角邪鬼のアートマでやってみました。
多少手間取りましたが思いの外余裕でした。

運良く青弱点が両手棍だったのですが、なかなか弱点が突けず苦戦しました。
結果的に弱点はレトリビューションだったのですが、なかなか入らなかったのが少々謎です。

Gangly Geanは、特殊技と魔法以外に普通に殴るモーションと地面に手(?)を入れて攻撃するモーションがあります。
もしかすると、どちらかは特殊攻撃扱いなのかもしれません。

白ソロ1回目は青弱点を突いたのですが、ノーシスヘルムしか出ませんでした。
これはこれで良い装備なのですが、ソロで青弱点を突いて出ないとちょっとへこみますね。

戦闘時間は、かなりかかってしまいました。
計っていませんでしたが、40分くらいかかったかもしれません。

戦闘維持は余裕でしたが、攻撃力の弱い白の弱点が出てしまいました。


2回目以降は白/学、凶角終焉邪鬼のアートマで挑戦しました。
ソロでの近接戦闘中にコンバートは危険すぎるので、アビで瞬間発動する机上演習をMP確保に使うことにしました。

といっても、1回も机上演習を使う機会はありませんでしたが・・・。
邪鬼のアートマはMP維持のために欠かせませんが、リフレアートマはこれだけで十分でした。

終焉のアートマはトリプルアタックをはじめ、時々出るクイックマジックが良い感じですし、万一にオートリレイズも良いですね。
凶角のアートマは攻撃の底上げと、カウンターでの防御、AGI+のモクシャ効果に期待して付けました。

白のグリモア中は白魔法に対して、詠唱時間と再詠唱時間、消費MPの減少効果があるのでサポ赤よりやりやすいですね。
初回の白/赤ではMPがやや不安な場面もありましたが、サポ学では常時満タンに近い状態で、ホーリーを撃ったりする余裕もありましたのでまったく不安がありませんでした。

2~3回目は深夜で人も少なかったので楽に釣れました。
ですが、弱点を突ける時間ではなかったので普通に倒しましたが残念ながら襟巻は出ませんでした。

4回目は昼間で球根狩りをしている人も多く、NM狙いの人も見受けられましたが、見廻っていたらうまい具合に沸いていたので即釣りしてやりました。
その時も弱点を突ける時間では無かったのですが、運良くフレがいて弱点突きを頼んだところやってくれるということになりました。

結構HPが減ってしまっていたのですが、最後の最後というところで運良く弱点が突けて襟巻をDROPしました。
青弱点無しでもすぐにDROPした話もネットで見ましたが、私が忍者関係の装備を取ろうとするとまともに出た試しがありません。

ですが、獣使いのマントや踊り子のネックレスは弱点どころかトレハンすら無くても1~2回で出てしまいました。
このへんは、運の良し悪しもあると思います。


Gangly Geanとの戦闘

基本的な戦い方は、ハートオブソラスと白のグリモアでケアルを唱えつつ、合間にパライズとスロウを入れて殴るだけです。
TPが貯まればヘキサを撃ちます。

もし打時間であれば棍であることを祈りつつ、弱点のWSを撃っていきます。
余裕があれば、マクロにバウォタラとバサンダラを登録しておいて、魔法の詠唱にあわせて使うとダメージが抑えられそうです。

私は、面倒なのでバサンダラだけをかけっぱなしにしておきました。
暗闇はただでさえ当たりにくいので早めに治さないといけません。

毒は、最初のうちは治していましたが、途中から面倒になりスリプガもあるので放置してました。

殴りは、スシを食べて片手棍でやりました。
前衛のような攻撃向きの装備が少ない白ではスシは必要ですね。

また、ヘイストも攻撃間隔が長めの片手棍にはかけておきたいところです。

ケアルIVを主に使いましたが、たまに高ダメージが重なった際などケアルVを使いました。
こまめに回復して、ケアルVIまで使わなければならないほどHPが減らないようにしました。

ハートオブソラスのストンスキン効果が非常に有効です。
MPに余裕があったので、ストンスキン目的でHP全快でもガ系魔法にあわせてケアルIVを使ったりもしました。

NM自体の攻撃力は高めで、通常攻撃で最大300くらい、魔法攻撃で最大480くらいのダメージを受けました。
ただ、これはかなり高めのダメージで、魔法も200台のダメージが多かったです。

連続でケアルの詠唱が中断されたりすると非常に危険です。
うまく敵の攻撃にあわせて詠唱する必要があります。

スロウとパライズは普通に入りますので切れたらすぐに入れておきたいところです。
特にパライズは魔法が潰れたりするので、ぜひ入れておきたいですね。

また、メリポでケアルの詠唱時間を短くしていれば比較的余裕をもって使えます。

白は元々魔法防御力が高いですし、バ系魔法にも魔法防御アップ効果があるので意外と魔法ダメージは少ないです。
通常攻撃も、玄武盾の-10%と黄昏の光輪の-5%、プロテスVで結構軽減できます。

盾での防御もバカに出来ません。
白にもジョブ特性でシールドマスタリーがあるとうれしいのですが、残念ながらありません。

チェビオットケープなどは持っていませんでしたが、あるとさらに楽そうですね。
被物理ダメージマイナスのホエロアなど作ってみたくなりました。

戦闘維持はわりと余裕があるのですが、白の攻撃力ではなかなか削れずに苦労しました。
とはいえ、神竜ソロの時もそうでしたが、白の圧倒的な回復力を見せつけられる一戦でした。


伊賀襟巻


20110508020654.jpg

念願の2つめの忍者ジョブアクセサリーが手に入りました。
今まで、首の回避装備はイベイジョントルクを使用していましたが、HP+は無いものの上位性能なので今後は伊賀襟巻を使うことになりそうです。

命中、回避、クリティカルヒットダメージアップと、非常に高性能な装備です。
回避性能に関してはモクシャ+が付いてさらに高性能なトレーロトルクなどありますが、十分な性能だと思います。

ただ、アイコンがタイガーストールを思い出すのは少々気になるところですが・・・。

忍者のジョブアクセサリーは、残りあと伊賀道中合羽があります。
こちらは、100%DROPという情報もありますのでNMをやりさえすれば入手は難しくなさそうです。

エスリングマントの代わりに使うのは微妙なところですが、せっかくなので3つ揃えたいですね。

コメント:0

コメントフォーム
入力情報を記憶させますか?

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://kimagureman.net/archives/15936/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
【FFXI】白ソロで伊賀襟巻NM Gangly Geanに挑戦! from Kimagureman! Studio ~趣味全開! 気まぐれ更新日記~

Home > ゲーム > 【FFXI】白ソロで伊賀襟巻NM Gangly Geanに挑戦!

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ
にほんブログ村 コレクションブログへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top

back to top