Home > ゲーム > 【FFXI】メイジャンの試練 片手刀 防御力ダウン雪加改 完成!

【FFXI】メイジャンの試練 片手刀 防御力ダウン雪加改 完成!

20101120171327.jpg

アートマやジェイド取りが一段落して、最近はメイジャンの試練を再開しています。
先日、回避刀が2本完成しましたので、魔攻刀を作り始めました。

魔攻刀も2本完成しましたので、遁術などを試してみてから記事にしてみたいと思います。
そして、今日は途中で止まっていた防御力ダウン刀を完成させました。

 link >>  メイジャンの試練/武器/片手刀 – Final Fantasy XI Wiki*


雪加改の一歩手前のところまで完成していたのですが、追加効果350回というのがなかなか大変で重い腰が上がらないでいました。
また、屍犬族というのも面倒な感じです。

そんななか、回避刀、魔攻刀が完成したことにより、防御力ダウン刀も中途半端にしておかずにきっちり完成させようと思いました。

【FFXI】メイジャンの試練 片手刀 No.618,625,626,629,630 追加効果:防御力ダウンルート
【FFXI】メイジャンの試練 片手刀 No.1538,1539,1551 追加効果:防御力ダウン&WS強化


■ No.2110 雪加の追加効果 350回、屍犬族

屍犬族というと、フィールドでもたまに見かけますが、それは夜間のみになります。
楽以上で常時いる場所となると、エルディーム古墳[S]、ボストーニュ監獄、龍王ランペールの墓あたりになるでしょうか。

ダンジョンではリポップに時間がかかるのが難点です。
エルディーム古墳[S]は、移動は楽ですがカンパニエの音楽が鬱陶しい感じですし、龍王ランペールの墓はLVが高めなので、ボストーニュ監獄でやることにしました。

今回は、ボストーニュ監獄二枚目のMAPのF-8~G-8あたりでやってみました。
LV85にはギリギリ楽表示の犬ですが、4匹+手前に1匹います。

サポ白でやりましたが、モグパワーのヴァンピールブラッドがあったので、リフレシュ効果もありました。

片手のみに装備して、防御ダウン効果が出たら後ろを向いて効果が切れるのを待ちます。
切れたらまた殴るの繰り返しです。

1回発動すると、効果が切れるまで発動しない仕様のようなので、面倒ですがこういったやり方をしました。
リポップが早く、数もいれば後ろを向かずに殴り続けてもよさそうですが・・・。


最初は、普通に空蝉を使っていたのですが、途中からストンスキンのみに変えました。
回避装備でやっていたのですが、後ろを向いて耐えていると意外と紙兵を消費するので節約です。

楽とはいえ、被弾すると40くらいいくこともあります。
クリティカルを受けると90近くいくので油断しないようにしたいところです。

また、ほとんどレジストしてしまいますが、まれに麻痺することもあるので、サポ白かサポ踊が良いと思います。


全くやっていない状態で午前中から始め、お昼を食べて夕方くらいに終わりました。
天候のボーナスに慣れてしまうと、とても大変に感じますね。

発動自体も、すぐに発動することもあれば、1匹倒すまで発動しなかったりと波がありました。



完成してからまだ使っていないのですが、D45というのは手持ちの片手刀の中でも最も高く、普通に常用出来そうです。
防御力ダウン効果の発動率は確認していませんが、おそらくあまり変わらないのではないかと思います。

もう少し発動率が高いとうれしいのですが、発動すれば殴っている全員が恩恵を受けられるのは良いですね。
次は、製作中のWSダメージアップ刀を完成させたいところです。

コメント:0

コメントフォーム
入力情報を記憶させますか?

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://kimagureman.net/archives/13292/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
【FFXI】メイジャンの試練 片手刀 防御力ダウン雪加改 完成! from Kimagureman! Studio ~趣味全開! 気まぐれ更新日記~

Home > ゲーム > 【FFXI】メイジャンの試練 片手刀 防御力ダウン雪加改 完成!

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ
にほんブログ村 コレクションブログへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top

back to top