Home > ゲーム > FFXI VerUPの楽しみと憂鬱

FFXI VerUPの楽しみと憂鬱

先週、FFXIのVerUPがあり、LVキャップ解放を含めてアビセアなど色々と新規追加されました。
いつもであれば大して急がずにマイペースでやっていたのですが、なぜか今回はわりと迅速な対応をしました。

LV80キャップ解放時はわりとのんびりしていたのですが、今回は早速週末に85まで上げてしまいました。
前回は、メリポだけで済んだのですが、今回は新規追加の魔人印章なるものが必要になり、しばらくはこれを集めるために動くことになると思っていました。

ですが、運良くフレからアビセア乱獲の誘いがあり、なおかつ主催をしていたので印章を優先してもらえるという幸運に恵まれました。
そのフレとのPTで白が75から80になり、翌日の野良PTではメインの忍者が80から85になりました。

やはりメインであり、普段1人でウロウロすることが多いのでソロに強い忍者を早く上げておきたいと思う気持ちが強かったです。
ただ、アビセアで忍者はターゲッター枠で入ることが多いので、4~5時間もやると多少クラッとくるのが難ですが・・・。


■ やりたいこと

そんな楽しみが続く一方で、やりたいことが処理しきれずにどんどん貯まっていってしまう憂鬱さもあります。

新規追加のAF3も取りたいですし、メイジャンの試練もまだまだやるのが残っています。
新しい装備や調度品を購入するのに調理合成もせっせとこなさなければいけませんし、スキル上げもしないとすっかり真っ白です。

特に戦闘スキルは、忍者の強さの元にもなる肝心の回避スキルがアビセア乱獲ではほとんど上がりません。
回避あってこその空蝉の術なので、回避スキル上げはなるべく優先してやる必要があります。

LV80時点でも白でしたが、80だといまひとつイイ感じの同強が見つからなかったので、仕方無く強表示のミザレオ海岸の死鳥をやったりしていました。
これでも当然上がるのですが、ちょっと油断すると倒されてしまうのでLV85になってからやろうと思っていました。

LV85になると、今度は丁度になってしまいますが、それでも83-84の敵ですので十分なところまで上げられます。
しかもシグネット効果でかなり楽になるはずです。

残りは、フォミュナ水道や礼拝堂の高レベルの蜘蛛あたりでいけそうです。
蜘蛛は、シックルやDAがやっかいですね。


■ サポジョブ

そして、かなり切実なのが、サポジョブのLV割れです。

ソロで上げるのが面倒な後衛ジョブは、カンパニエopsやミラテテ様言行録でチマチマ上げていました。
前衛ジョブは、経験値リングも余っているのでFoVなどをやってせっかくなのでLV50まで上げようと思っていました。

ですが、思ったより早く85になってしまったので、主力の踊り子がサポ割れしてしまいました。
これも大至急なんとかしないと、ソロでウロウロする際にちょっと格好悪いです。

まぁ、LV2足りなくても実質的な影響は極小さいと思うのですが・・・。
これも、アビセアで箱開け係などで参加すれば、あっというまに50台になってしまうのですけどね。


■ そんなこんなで・・・

出来れば、忍AF3取得へ向けて動き出したいところですが、ここはグッとこらえて地盤固めのためにスキル上げやサポ上げをやりたいところです。
そして、自己強化が終わったところで、アレコレ参加しようかなと思っています。

ソロでもPTでも本人の強さが重要ですからね。
AF3に必要なクエなどの情報もまだイマイチよくわからないので、情報が出きってからでも遅くないかと思います。

聞いた話しでは、結構大変そうですが・・・。
これからますます週末は楽しくもあり、憂鬱でもありで忙しくなりそうです。

コメント:0

コメントフォーム
入力情報を記憶させますか?

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://kimagureman.net/archives/12913/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
FFXI VerUPの楽しみと憂鬱 from Kimagureman! Studio ~趣味全開! 気まぐれ更新日記~

Home > ゲーム > FFXI VerUPの楽しみと憂鬱

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ
にほんブログ村 コレクションブログへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top

back to top