Home > イベント > ワンダーフェスティバル2010[夏] まとめの感想アレコレ

ワンダーフェスティバル2010[夏] まとめの感想アレコレ

ワンダーフェスティバル2010[夏] 看板

ワンダーフェスティバル2010[夏] 会場風景

昨日でワンフェスレポは終了しました。
楽しみにしていたイベントが終わり、そしてやっと一段落ついたかなという感じです。

今回のワンフェスでは、レポをご覧いただくとわかるように、個人ディーラー様を中心にまわらせていただきました。
企業ブースは、個人的に気になるところを少し覗く程度にとどめました。

大きいブースなどをまわっていると時間が足りなくなってしまうということから省略することに決めたのですが・・・。
実際は撮影枚数もずいぶん少なく、まわりたいと思っていたディーラーさんも全部見られませんでした。

人が多かったりすると、先に他の所へ・・・という具合にあっちへ行ったりこっちへ行ったりしていたのも失敗の原因の1つですね。
次回は、もう少し効率よくまわりたいところです。


企業ブースは、各ブース共に綺麗に飾ってあり、とても見やすかったと思います。
一方、個人ブースでは、テーブルの上に展示台などを置いて展示するスタイルですので限られたスペースを有効利用するのはなかなか難しいと思います。

それでも、各ブース共に個性的な感じでとても良かったです。
ブースの方との距離が近いのもうれしいところですね。

今回まわった中では、特にグランズブースの撮影で、ブースの方がわざわざイカロスの回転台を止めて、撮りやすい向きに変えて下さったのには大変うれしくありました。
また、ブース写真ではわかりにくいかもしれませんが、実はこのブース写真を撮るのにわざわざ席を立って避けていただいているのです。

本当にありがとうございました。
突然お邪魔したにも関わらず、大変感謝致します。

そういう、人と人との生のふれあいがあるというのは個人ブースの良いところの1つですね。
次回はさらに多くのブースをまわりたいところです。


その一方で、ちょっと失敗したこともあります。
今回から機材も変更したのですが、それらを持って行くバッグも変えてみました。

これが、見た目も中身も悪くないのですが、使い方が悪かったです。
そもそもメッセンジャーバッグなので厚みのあるものを入れるのは不向きでした。

蓋を閉めても、完全に閉まらずに下の白い部分が見えてしまいイマイチ格好が良くありませんでした。
重量も1Lのペットボトルなども持っていったこともあり、かなり重いバッグになってしまいました。

やはり、カメラ向けの少し大きめのバッグを選んでみるのが良いのかな、と思いました。
思いの外失敗したので、次回への課題です。


また、今回のイベントでは初めて時間を決めて他サイトの方とお会いする機会がありました。
あまり長い時間もかけられずに慌ただしいご挨拶になってしまいましたが、大変良い機会だったと思います。

次回参加のイベントでももし機会があれば、どなたかとお会いさせていただきたいところですね。



使用機材について。


使用機材:

  • Canon EOS 40D
  • SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM
  • Canon スピードライト430EX II
  • SUNPAK Diffuser Kit DFU-01(S)

レポの中では特に説明しませんでしたが、今回は装備を一新してイベントに参加しました。
一新と言いましても、カメラ本体は愛用のEOS 40Dのままです。

レンズは、今まで使っていたCanon EF-S18-55mm F3.5-5.6 ISに比べるとずいぶん重くなりました。
加えて、さらにフラッシュが270EXから430EXIIへ変わり、さらに重量増です。

この重量増がどれほど影響するか懸念されましたが、実際は撮影するのに程良い重さになっていたように思います。
レンズの性能のおかげか、フラッシュの使い方のおかげか、今回は手ブレによるボツ写真がとても少なくなりました。

今回使用したSIGMAレンズは、ズームリングが少し重めなところがありますが手ブレ補正は非常に強力なように思います。
EF-S18-55mmよりも補正力は上に感じました。

また、少し短いと感じていた望遠側の焦点距離ですが、55mmから70mmへとのびたことによりだいぶ撮りやすくなりました。
イベントでのフィギュア撮影では、とても使いやすいレンズのように思います。

同じCanonからは100mmマクロレンズに手ブレ補正機能が付いたレンズもあります。
正直なところ、フィギュア撮りならそちらの方が良いような気がします。

ただ、私の場合はブースの写真や会場の写真なども撮りたいので、単焦点レンズは使いにくいのです。
このへんは、撮影者の撮影方針により色々ですね。


今回、フラッシュに付けたSUNPAKのディフューザーはなかなか良い結果でした。
セットには、大小2種類のディフューザーが入っているのですが、今回は小さい方を使いました。

効果としては、大の方が上なのですが、少々大きいので小さい方が取り回しが楽で良いです。
フラッシュ本体にベルクロを貼り付けなければいけないのが難点ですが、今後も使いたい装備になりました。


あと、今回はカメラの設定を少し変えて撮影に臨みました。

今までは、AVモード(絞り優先)で撮影していたのですが、今回はPモード(プログラム)で撮影しました。
自宅で試写してみたところ、AVモードよりPモードの方が失敗が少なかったのでこちらに変えてみました。

これが、成功でして、現像処理がずいぶん楽になりました。
また、シャッター速度は1/15~1/20秒くらいを最低ラインとして考えてみました。

機材重量が増えましたが、逆にずっしりしたことにより構えたときの安定性は向上したようにも思います。
少なくとも、重くて使いにくいということは無かったですね。

次回も特に変更無く、このままの装備で臨みたいところです。
そして、撮影の課題は、1カットあたりにかかる時間をもう少し短くしたいところです。



と、いうわけでイベントからずいぶん時間が経ってしまいましたが、ワンダーフェスティバル2010[夏]のまとめとさせていただきます。

コメント:0

コメントフォーム
入力情報を記憶させますか?

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://kimagureman.net/archives/12684/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
ワンダーフェスティバル2010[夏] まとめの感想アレコレ from Kimagureman! Studio ~趣味全開! 気まぐれ更新日記~

Home > イベント > ワンダーフェスティバル2010[夏] まとめの感想アレコレ

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ
にほんブログ村 コレクションブログへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top

back to top