Home > 雑想 > オタクと呼んでいいものかどうか。

オタクと呼んでいいものかどうか。

  • 2010-06-18 (金) 21:21
  • 雑想
  • このエントリをはてなブックマークに登録

最近、自分が『オタク』の領域までいっているのかと、Twitterなどをやりながら思います。

 link >>  おたく – Wikipedia


アニメは良く見ますし、フィギュアも買います。
漫画も読みますし、ここ数年はラノベも読み始めました。

カメラも機材を揃えたりしますし、パソコンも自作をそれなりにやっています。
ゲームは、ほぼFFXIしかやっていませんが、すでに8年近くこればかりやっています。

と、このへんが○○オタクになり得るところかな、と思います。

オタクの定義は、ウィキペディアの内容からすると・・・

  1. こだわりの対象に対して、所得や余暇時間のほとんどを費やす「消費性オタク」
  2. 「自分の趣味を周りに広めたい」「創造活動をしたい」と考える「心理性オタク」


という感じらしいです。

この定義だけでいえば、上記はどれもオタクとして呼んでいいような気がします。
ですが、個人的なオタクの語意は、もっとディープで専門的な感じの領域まで踏み込んでいる状態を指しているように思います。

全く興味のない人から見れば、オタクとして通用するかもしれませんが、その分野の好きな人の中ではエセオタクであると思う時が多いです。

例えば、今春から始まった『けいおん!』というアニメがありますが、2期目でありながら初めて見ました。
それまではキャラクター名も知らずにいたのに、ほんの数話見ただけで以前からそのアニメを知っているような素振りを見せたり・・・。

FFXIも8年近くやっていながら、今ひとつ知らないことが多かったりします。
フィギュアも結構買っていて、なおかつそれなりに部屋に飾りながらも大したうんちくも語れません。

そんなことを思っていると、○○オタクと言うことすら憚られる感じです。
この『うんちく』をどれだけ語れるかというのもオタク度の重要な指針ではないかと思います。


オタクという言葉が生まれた初期の頃からその言葉を知っていると、あまりその言葉に良い印象はないかもしれません。
私も最初の頃はあまり良い印象はありませんでした。

ですが、いつの頃からかあまり気にしなくなりました。
気にするのもおかしい気がして、どうでも良くなりました。

ところが、言葉を気にしなくなると、今度はその言葉がふさわしいかどうか気になり出したのです。

先にも書きましたが、全くその趣味を知らない人からオタクと呼ばれても『ああ、そうですね。』で済みます。
しかし、その分野を好きな人の中で本当にオタクであるのかどうかがかなり怪しいのです。

時々、やること成すこと全てがエセに思えてしまうような時もあります。
あらためて自分の趣味を顧みたとき、どれもこれもがエセオタクであるような気がしてならないのです。

わざわざオタクと呼ばれたいと思うことはありませんが、『○○オタクですか?』と言われたときに『そうです。』と胸を張って言える領域にいっていない自分の趣味の中途半端さを痛感する今日この頃です。

コメント:2

八公 10-06-22 (火) 22:10

はじめまして。半年ほど前より当ブログを拝見いたしておりました。

今回の記事、私も同じことを考えたことがあります。
けいおん!も2期から見始めました…といいますか、1期は放送されませんでした。田舎なもので。

で、「オタク」の定義も今と昔(電車男前後?)とでは変わっているものと思います。
このウィキペディアの定義だと、万人がオタクであるようにも取れます。
スポーツ観戦おたく、映画鑑賞おたく、ファッションおたく、ドライブおたくetc。つまり趣味=おたく。
昔の「オタク」は、例えばアニメおたくでもSFの話も話せるとか、SFおたくでもミリタリーの話も話せるとか、とりあえずどの分野に関しても基礎知識がある人のことだ。…って感じのことが「オタクはすでに死んでいる」(岡田斗司夫著)に書かれてあったと思います…。記憶に薄いですが、本の受け売りでした。
「知ってる。持ってる。行った事がある。」がバロメーターうんぬんも書かれていたような…。
いえ、本の宣伝に来たわけではないですよ。

私もフィギュアが好きで集めていますが、エセオタクだなぁと感じます。改めてフィギュアに関しての知識とか言われると、大して知らないことに気付かされます。
「その分野を好きな人の中で本当にオタクであるのかどうかがかなり怪しいのです。」
まさしく!

今回の記事は共感し得るところが多々ありましたので、嬉しくなってコメントした次第であります。

それでは長文・駄文、失礼いたしました。今後も更新楽しみにしています。

Rio 10-06-22 (火) 22:49

八公さん。

はじめまして。こんにちは。
半年も見ていただいてありがとうございます!

いつ頃からか、Twitterでは書かないような長文の独り言が多くなってどうなのかなと思っていました。

エセオタクという自覚があったのでなかなかそういう趣味の人達のオフ会のようなところにも行くのがためらわれてしまいます。
そんな気の弱い中の人だったりします。

インターネットという世界が広がって多くの知らない人と繋がることが出来るのは楽しいのですが、多少無理しているところもあったりします。
ウィキペディアは、もはやバイブルですね。

共感いただけたのは、大変心強い感じでとてもうれしいです。
ご感想ありがとうございました。

コメントフォーム
入力情報を記憶させますか?

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバック:1

このエントリーのトラックバックURL
http://kimagureman.net/archives/12102/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
オタクと呼んでいいものかどうか。 from Kimagureman! Studio ~趣味全開! 気まぐれ更新日記~
pingback from Tweets that mention オタクと呼んでいいものかどうか。 - Kimagureman! Studio ~美少女フィギュア撮影、気まぐれ更新日記~ -- Topsy.com 10-06-18 (金) 21:51

[…] This post was mentioned on Twitter by elogbot3, gadget. gadget said: オタクと呼んでいいものかどうか。: 最近、自分が『オタク』の領域までいっているのかと、Twitterなどをやりながら思います。  link & […]

Home > 雑想 > オタクと呼んでいいものかどうか。

ショップ Links
伊賀屋人形店
リンク
Blog Parts
にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ
にほんブログ村 コレクションブログへ
霜月はるかのFrostMoonCafe+
霜月はるかのFrostMoonCafe+
わぷー
ja.wordpress.org 公式キャラクター『わぷー』
ブログを見に来てくれた人たち
フィード

Return to page top

back to top